Girl′s Day ミナ、新ドラマ「ロボットじゃない」出演オファーを受け“検討中”

写真拡大

×Girl's Dayのミナが、MBC水木ドラマ「ロボットじゃない」(仮題) の出演を検討中だ。

10日、Girl's Dayの所属事務所Dream Tエンターテインメント側の関係者は10asiaに対し、「ミナが『ロボットじゃない』の出演オファーを受けたのは確かであり、現在検討中だ」と説明した。

ドラマ「ロボットじゃない」は、人間アレルギーのせいで女性とちゃんと付き合ったことのない男が、ロボットに出会い恋に落ちる内容を描いたドラマだ。「彼女はキレイだった」「W」などを演出したチョン・デユンプロデューサー、「輝くか、狂うか」を書いたキム・ソンミ作家が意気投合した。Girl's Dayのミナがオファーされた役は、青年起業を準備するチョ・ジア役だ。

ドラマ「ロボットじゃない」は、ハ・ジウォン主演の「病院船」の後番組として10月に韓国で初放送される予定だ。