@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

カーライフを「Expand」するエクスパンダー

三菱は、インドネシア国際オートショーで発表する次世代クロスオーバーMPVが、「エクスパンダー」というモデルであることを公開した。

新型エクスパンダーは、インドネシアの新工場(西ジャワ州ブカシ県)で年間8万台生産する計画で、同国では今秋より販売開始する。また、ASEANを始めとする一部の地域には、2018年初春より出荷する計画だという。

インドネシア国際オートショーの世界初披露に先立ち益子修CEOは、「三菱自動車はインドネシアにおいてSUV市場及び小型商用車市場で高いシェアを確保していますが、新型エクスパンダーを伸張著しいMPV市場に投入することで、お客様のカーライフを “expand” しながら、同国でのプレゼンスの更なる拡大を図ってまいります」と述べている。

エクステリア

新型エクスパンダーは、スタイリッシュなMPVと、ダイナミックなSUVを融合させた次世代クロスオーバーMPV。パジェロスポーツの持つ力強さ、存在感、上質感を受け継ぎ、従来の小型MPVクラスにはないスタイリングを目指した。

三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を進化。フロントフェイス中央のラジエーターグリルを、バンパーの左右コーナー部とアンダーガードの3方向から包み込むようなプロテクト形状とし、人とクルマを守る安心・安全の機能を力強く表現している。

また、LEDポジションランプを被視認性に優れる高い位置に配し、ヘッドライトはフロントバンパーの低い位置に設置するなど、より機能的に進化させたデザインとした。

イントネシア向けモデル インテリア空間

新型エクスパンダーは、従来の小型MPVクラスより一回り大きくワイドなボディサイズとすることで、クラストップの室内空間と多人数乗車に適した乗員レイアウトを実現。乗員間の距離と幅、ヘッドクリアランスを十分に確保しているのが特徴だ。


コクピットは、視認性に優れるハイコントラストメーターを採用。メーター中央にはマルチインフォメーションカラー液晶ディスプレイを装備し、走行時はエコドライブを知らせるなど、様々な情報を表示する。


また迫力ある重低音が楽しめるMEGA BASS機能を有するディスプレイオーディオを搭載。スマートフォンとのBluetooth®接続は、スマートフォンをオーディオユニットにかざすだけのワンタッチ操作でペアリングでき、ハンズフリー通話や音楽のワイヤレスストリーミングを楽しむことができる。

クラストップの最低地上高

新型エクスパンダーでは、軽量化を推進した高剛性ボディと最適化したサスペンションにより、優れた操縦安定性と快適な乗り心地を両立。さらにクラストップレベルの最低地上高205mmにより、未舗装路やスコール時も安心して走行できる。


実績のある1.5ℓDOHC 16バルブ MIVECエンジンを静粛性向上など細部にわたって改良して搭載。5MTあるいは4ATとの組み合わせにより、高速走行時や渋滞時の燃費に配慮しながら、多人数乗車時や登坂時には頼もしい走りを発揮する。

グレードは、GLX、GLS、Exceed、Sport、Ultimateの5種類。価格は、189,050,000ルピア(156万円)〜245,350,000ルピア(202万円)。