声優の新田恵海

写真拡大

 アニメ「ラブライブ!」の主人公・高坂穂乃果役などで知られる声優で歌手の新田恵海(年齢非公表)が9日、所属事務所を退所することを発表した。

 新田は自身のツイッターに「8月末をもちまして、所属事務所の株式会社Sを離れることになりました。約8年間お世話になり、そしてあたたかく送り出していただき、本当に感謝しています。これからも私らしくがんばっていきます。今後ともどうぞよろしくお願いします」と投稿した。

 公式サイトでも「2017年8月末をもちまして、新田と弊社との専属契約が期間満了により終了いたします。新田につきましては、今後も芸能活動を続けていくとのことですので、引き続きご支援いただけますよう、お願いいたします。なお、既にお話をいただいている活動につきましては、弊社が責任を持って新田の活動を支援していく所存です」と事務所代表の佐藤ひろ美氏がコメントを発表した。

 また、新田は10日に自身のツイッターで「昨夜、事務所移籍をお伝えしましたが、移籍先も決まっております。詳しいことは、また9月以降に改めて発表させていただきますね。Sでの日々を糧に、新事務所でも私らしくがんばります!これからもどうぞよろしくお願いします!」と、9月から新たな事務所に移籍しての活動について抱負をつづった。

 「ラブライブ!」は13年にTVアニメが放送され、続編や劇場版も制作されたヒット作品。主演声優によるグループμ’s(ミューズ)としてライブ活動も行った。15年にはさいたまスーパーアリーナでのワンマンライブや紅白歌合戦への出場、16年には東京ドームで2日間のライブを行った。