子どものころに遊んだおもちゃ。すぐに飽きて、「どこかに仕舞ったままにした」という人も多いかと思います。

※写真はイメージ

「そのおもちゃ、とっておいて大丈夫ですか?」

おもちゃを仕舞ったままにした家で、こんな恐怖体験をした人がいました。

「ばぁちゃんちはよく出ました。」

Twitterに投稿された、1つの作品が話題になっています。

投稿者である、いろはにほへと(@iroha01746)さんの祖母の自宅では、『おもちゃの電話』をタンスの引き出しに仕舞っていたのですが…。

自動再生の音声を超えて、意識を持ったような声…恐ろしい…!

電池が入っている時には「誤作動だろう」と思えますが、電池を抜いていてもしゃべるとなると…。背筋がゾッとするような体験です。

ちなみに、『おもちゃの電話』はまだあって、このようにしゃべるのだそう。

「もしもし、元気?」

不明瞭な子どもの声。いきなり狂ったようにしゃべりだしたら、相当イヤですね。

あんな出来事があったのに、まだ処分していないとは、投稿者さんはずいぶんと肝がすわっています。

この恐怖体験に、たくさんのコメントが寄せられました。

すごいトラウマになりそうですね。これの携帯電話版持ってました。声が全く一緒です。同じ現象がありました。電池抜いても鳴るという…。見えない人たちが遊んでる。寝られなくなったじゃねえか。

同じ現象にあっている人が、何人かいました。

機械の問題なのか、それとも見えない誰かが遊んでいるのでしょうか。

ちなみに、かつて祖母の家で不思議な『女の子』を見かけたことがあるという投稿者さん。しかし、現在は見えなくなっているそうです。

「まだ祖母の家に住み着いている」とすると、また何か仕掛けられてしまうかもしれません…。

[文・構成/grape編集部]