magw170810-pillip02.jpg

写真拡大 (全4枚)

<先頃、公務から引退したエリザベス女王の夫フィリップ殿下。英国紳士らしい装いが評判だが、その背景には外国王家出身ゆえの苦労があった>

英王室のエリザベス女王が52年に即位して以来、妻を支えてきたエディンバラ公フィリップ殿下(96)が8月2日、ついに公務から引退した。女王の公務に同伴する以外にも、単独で行った公務は2万2000回以上。2日は雨の降るなか、海兵隊の閲兵式に出席した。最後に、愛用のボーラーハット(山高帽)を取って声援に応えた姿は、多くの人の記憶に刻まれただろう。

英王室のファッションでは女王が注目されがちだが、実はフィリップ殿下も洗練された着こなしで有名。16年に英GQ誌が行った「イギリスで最もおしゃれな男性トップ50」では、孫のウィリアム王子やヘンリー王子を抜いて12位に。「常に英国的で男らしく、立場をわきまえた装い」とデザイナーのジョン・レイが評するとおり、正装もカジュアルも英国らしさにとことんこだわる正統派。

スーツは40年以上、ロンドンの同じテーラーで仕立て、愛用の帽子もボーラーハットやハンチング帽など「英国生まれ」ばかりだ。

【参考記事】ヘンリー王子が語った母の死と英王室(前編)

こうした強いこだわりは「よそ者」としての苦労から生まれたのかもしれない。もとはギリシャ王室の王子として生まれ、ドイツやロシアにも血統がつながることから、結婚する際もさまざまな壁に直面した。英国人らしく装い、振る舞うことで誰もが認める「女王の夫」になろうとしたのかもしれない。その努力は見事に報われた。


<ハンチング帽の粋>ツイードのジャケットなどカジュアルな服装には、ハンチング帽を合わせて英国トラッドの魅力を追求。好きな服は何度も直して愛用するタイプ(結婚当初から着ているものも) Tim Graham/GETTY IMAGES


<シルクハットで「女王の夫」の存在感>英上流階級の正装に欠かせないシルクハットは、華やかな行事でよく登場。女王より目立たないように、でも「その他大勢」とも一線を画す計算が見え隠れする Ray Bellisario-Popperfoto/GETTY IMAGES


<軍服X帽子姿も優雅>英ダートマス海軍兵学校を卒業後、第2次大戦に従軍した元軍人だけあって軍服がよく似合う(写真は49年) Keystone France-Gamma Rapho/GETTY IMAGES


<ベアスキン帽で伝統をアピール>イギリスの近衛兵におなじみのこの帽子のように、コスプレ感あふれるファッションも英国の伝統に倣ったものなら躊躇なく着用。クマの毛皮でできているので重そうだけど...... Max Mumby-Indigo/GETTY IMAGES

【参考記事】エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

<本誌8月8日発売最新号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

ニューズウィーク日本版編集部