【ソウル聯合ニュース】韓国軍は10日、北朝鮮が米領グアム周辺へのミサイル発射を含む挑発に踏み切った場合、米国と連携して強力な報復に出ると警告した。

 合同参謀本部はこの日、北朝鮮の「ソウルが火の海になる」という韓国への妄言や、「先制的報復作戦」「グアム周辺への包囲射撃」など米国に対する妄言は、韓国国民と韓米同盟に対する深刻な挑戦だと指摘し、「厳重に警告する」と表明した。その上で、「警告にもかかわらず挑発を強行するなら、わが軍と韓米同盟の強力かつ断固たる報復に直面するだろう」と北朝鮮をけん制した。
 一方、合同参謀本部のノ・ジェチョン広報室長はこの日の国防部定例会見で、北朝鮮が威嚇を強めていることと関連し、「現在のところ直接的な挑発に関する特異動向はない」と述べ、軍は挑発に備えていると伝えた。