会場はお祭り状態! 横浜で開催中のポケモンGOパークはポケGOユーザーに全力でオススメ
8月9日から15日まで、横浜のみなとみらいエリアの2つの公園で開催されている『Pokémon GO PARK』(ポケモンゴーパーク)に行ってきました。

結論から先にいうと......お祭りです!

あふれるばかり、いや、あふれ出すぎたポケモンたちと、大量のポケモントレーナー(仲間)を目にしてテンションが上がりっぱなしでした!

1年間ポケモンGOを遊び続けてきた人はもちろん、伝説のポケモン欲しさに復帰した人も、全ポケモントレーナーにこのお祭りを体験してもらいたいので、初日を堪能した筆者が、周辺施設での楽しみ方を合わせて、7つのオススメを紹介します。ご参考になれば幸いです。

Pokémon GO PARKとは?



Pokémon GO PARKとは、横浜・みなとみらいエリアの「赤レンガパーク」と「カップヌードルミュージアムパーク」2つの公園にて開催中のPokémon GO公式イベントです。

赤レンガパークは原作でのカントー地方に登場した第1世代ポケモンが、カップヌードルミュージアムパークのジョウトパークは第2世代ポケモンが集中的に登場します。

また、どちらのパークにもヨーロッパ限定で出現していた「バリヤード」と、出現率が非常に低い「アンノーン」が登場します。

追記1.8月12日より、ジョウトパークがバリヤード専用エリアに変更となりました。

追記2.カントー、ジョウトのポケモンは、みなとみらい全域でゲットできるようになりました(アンノーン含む)。

6種のアンノーンでYOKOHAMAをつくる


Pokémon GO PARKに訪れるほとんどの人がバリヤードとアンノーンをゲットすることが目的だと思います。筆者もそうでした。ただ、この2体のポケモンは結構な頻度で出てくるので、運がいい人であれば15分以内、通常でも1時間も散策していればどちらもゲットできちゃいます。

バリヤードはあまりの頻出具合に、次第に自分の中でのレア感が薄くなって行くレベル......。ですが、アンノーンは別です。というのも、パークに現れるアンノーンはY・O・K・H・A・Mの6種類。



*画像は某ポケモンマスター氏提供

この6種類を組み合わせると「YOKOHAMA」(横浜)になります。これは、コンプリートしたいですよね?

ちなみに、筆者は回線の混雑からポケモンGOに接続できない(できても不安定)時間が多く、4時間で4種のアンノーンゲットで止まっていますが、一緒にパーク内を散策していたポケモンマスターは4時間でコンプリートしていました。

会場限定ジムバッジを集める



パーク内にはいくつかのジムがあり、Pokémon GO PARK限定ジムバッジを入手できます。ジムバッジの入手方法は、ジム内にあるポケストップのフォトディスクを回すだけ。普段、ジム戦やレイドバトルをしない人も、記念になるので集めてみてください。





ちなみに、Pokémon GO PARKには、リアルジムとリアルポケストップも設置されています。こちらを拝むのもお忘れなく。

珍しいポケモンとのレイドバトルを楽しむ


Pokémon GO PARKでは、複数あるジムで頻繁にレイドバトルに挑戦できます。現在伝説レイドとして出現中のサンダーや、ラプラスなどのレアなポケモンに戦いを挑めたりもしますが、会場外では登場しないような意外なポケモンとのバトルも楽しめます。



例えば、ソーナンス。ぼこぼこにしてしまうのをためらってしまうような笑顔ですが、せっかくの機会なので、容赦なくレイドバトルを楽しんではいかがでしょうか。



ちなみに、レアポケモンのレイドバトルはかなりの人が押し寄せて同時接続するので、回線がかなり混雑します。ポケモンGOが固まったり、再起動しようにもログインできないこともあるので、その時間帯は気持ちを切り替え、回線が混んでなさそうな場所に移動してほかのポケモンを集めるのも一つの手です。

初代御三家、金銀御三家を集める



赤レンガパークでは、カントー地方に登場した第1世代ポケモン、カップヌードルミュージアムパークのジョウトパークは第2世代ポケモンが集中的に登場します。とくに頻繁に出てくるのが、初代御三家(ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネ)、金銀御三家(ヒノアラシ、ワニノコ、チコリータ)です。

御三家、金銀御三家を進化できていなかった方はこの機会に集めてみるのはいかがでしょうか? ちなみに、赤レンガパークではラッキー、カップヌードルミュージアムパークではメリープもかなりの頻度で出てくるので、ハピナス、デンリュウに進化させるチャンスです!

色違いのピカチュウをゲットだぜ!



*画像は某ポケモンマスター氏提供

今回のイベントで一番難度が高いと言われているのが、こんがり焼けた色違いのピカチュウのゲットです。

ピカチュウ自体は、同時開催しているイベント「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」効果で大量にゲットできるのですが、色違いのピカチュウはかなりレアっぽく、筆者も見つけることはできませんでした。

色違いピカチュウをゲットした某ポケモンマスター氏によると、Pokémon GO PARK内ではなく、みなとみらい駅付近で大量発生しているピカチュウを捕獲しまくるのがオススメとのこと。

ちなみに、ピカチュウと色違いピカチュウの見分けはかなり難しいのですが、捕まえているとポケモン図鑑の性別のところが、上記画面のように2種から4種に増えるようです。

追記:パーク内でとれる2キロたまごから、色違いのピチューも生まれるそうです。

クイーンズスクエア横浜のピカチュウフォトブースで

記念写真とピカチュウ堪能




ピカチュウ関連でもう一つ。みなとみらい駅、および同駅に直結しているクイーンズスクエア横浜では、大量発生しているピカチュウがいます。



駅の改札出口や駅の連絡通路では、「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」のガイドマップやピカチュウお面ももらえます。Pokémon GO PARKに行く前にゲットしてはいかがでしょうか。





また、みなとみらい駅とクイーンズスクエア横浜にはピカチュウフォトブースがいくつか用意されています。スタンプラリーも開催されているので、スタンプラリーついでにフォトブースを巡っての記念写真もオススメです。



さらにクイーンズスクエア横浜では、ピカチュウのお散歩をはじめとするイベントなども開催されています。生ピカチュウは写真で見るよりがテンション上がりまくるかわいさなので、ぜひ自分の目で生ピカチュウを!

自分用のお土産にマイカップラーメンを作る



最後に紹介するのが、パーク内でポケモン散策をしていると何度か目にする、カップヌードルミュージアムです。カップヌードルミュージアムは目の前にポケストップが二つあったり、館内の無料スペースで休憩できたりと、なにかと重宝する場所。

このミュージアムは、入館料大人 (大学生以上)は500円、高校生以下は無料で入館できて歴代カップヌードルやチキンラーメンなどを堪能できるのですが、さらに自分専用のカップヌードルを作れる「マイカップヌードルファクトリー」もあります。これは自分用のお土産にオススメです。



マイカップヌードルファクトリーでは、パッケージのデザインや、スープ・具のカスタマイズをしたマイカップヌードルが作れます。所要時間は20分から30分ほど。値段は300円で、館内料金を入れても800円です。

また入館チケットを購入するときには、マイカップヌードルファクトリーを体験する時間も決められるのがミソ。ちょっと休憩したい時間帯や帰宅前など、自分の都合に合わせて体験できるのもポイントです。



また、館内にもポケモンは出てくるためポケモンGOを楽しみながらマイカップラーメンを作れます。1分1秒も無駄にしたくない人にも、涼みながらポケモンがとれる素敵空間としてもオススメです。

まとめ



というわけで、Pokémon GO PARKの楽しみ方をまとめてみました。冒頭でも申し上げていますが、ポケモントレーナーには間違いなくオススメのお祭りです!

期間限定なので、この機会にぜひ遊びに行ってみてください。

最後の最後に全力で楽しむために、準備おいたほうがいいものを羅列しておきます。

・ゲーム内のモンスターボール(できればハイパーボール)多数

・モバイルバッテリー(超必須)

・タオル

・帽子

・飲み物

・替えのTシャツ(暑い日であれば)

・モバイルバッテリー(念のためもう1個)

筆者も期間中に、アンノーンと色違いピカチュウをゲットしにまた遊びに行く予定です。お会いしたときは軽い会釈でもしましょう!