美川憲一

写真拡大

10日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で、歌手・美川憲一が、米国・ロサンゼルスでの入院費を告白した。

番組では、美川をゲストに招き黒柳とトークを展開した。71歳になった美川は、今年初めてロサンゼルスでのコンサートを行なったそうだ。

ところが、本番3日前に急病に見舞われたらしく入院したと告白した。美川によると「腰が立たなくなっちゃって」「このままあの世に行っちゃうのかな」と不調ぶりを振り返っていた。

美川は、その日のリハーサルを椅子に座りながら何とかこなしてみせるも、マネージャーに連れられてそのまま病院に直行したそう。検査の結果、免疫が低下して膀胱にウイルスが侵入したとのことで、大事を取って一日半の入院が余儀なくされたそうだ。

その後、退院した美川はコンサートを絶好調で迎えられて、観客から大喝采を得られたそうだ。また、落ち着いてから改めて入院費用を確認してみると「3万ドル(約320万円)」かかったことが判明。高額な費用に黒柳は「へぇ…そうなの」と呆気に取られた声を出していた。

なお、その支払は保険で賄えたとのことで、美川は「海外行かれるときは、みなさん絶対に保険入られないと」と注意を促していた。

【関連記事】
ナイツ・塙宣之が師匠・内海桂子のサバ読みを暴露「2020年に100歳」
神田正輝が守る石原プロの教え「みんなが倒れても最後に立っているように」
和田アキ子 父親の命令でわずか3日で退学「学校に迷惑がかかる」