ofoの自転車イメージ

ソフトバンクコマース&サービス株式会社は9日、シェアバイクサービスにおいて世界最大級を誇る中国「ofo」(オッフォ)と協業し、日本国内でのシェアバイク事業を展開すると発表した。

シェアバイクは、駅前や観光地などの所定の場所に置かれてあり、スマホなどで簡単にロック解除して安価で利用できるサービス。中国では、乗る場所も乗り捨てる場所も自由なスタイルもあるが、「ofo」が日本でどのような形態でサービスインするのかという詳細は、今回は明らかにしていない。

中国発のシェアバイクは、「Mobike」がいち早く日本参入を発表し、福岡と札幌でサービス開始の準備をしている。

「ofo」のサービスの開始は9月から東京と大阪でスタートするとしており、これから1ヶ月でどれだけ体制を整えられるのか、どのようなスタイルでのサービスになるのかに注目が集まる。

発表資料
URL:https://www.softbank.jp/corp/set/data/group/sbcas/news/press/2017/20170809_01/pdf/20170809_01.pdf
2017/08/10