タラゴナ戦のみ先発出場のセルジ・ロベルト

写真拡大

チェルシーの監督アントニオ・コンテはFCバルセロナのセルジ・ロベルト獲得に強い興味を示している。マティッチをマンチェスター・ユナイテッドに奪い取られ、アーセナルにコミュニティー・シールドで負けたチェルシーにおいて、コンテは中盤の補強が必要だと考えている。そして、コンテはセルジ・ロベルトが理想的だと考えており、役員に獲得を打診している。

【関連記事:ネイマール事件から心機一転】

しかし、移籍金4,500万ユーロ(約58億円)でモナコから獲得したティエムエ・バカヨコと移籍金8,000万ユーロ(約104億円)でレアル・マドリードから獲得したモラタを見てから判断したいとチェルシー側は考えているようである。
プレミアリーグは今週末から始まり、チェルシーは念には念を入れたい考えであり、もしスタートがうまくいかなければコンテの要求に応えるだろう。

なお、セルジ・ロベルトの移籍金は4,000万ユーロ(約52億円)であり、バルサは交渉に応じる気はない。また、同選手はバルサでのキャリア継続を望んでいる。それにしても、バルサの監督エルネスト・バルベルデがタラゴナ戦以外のプレシーズンマッチでセルジ・ロベルトをスターティングメンバーとして起用していないのは大きな驚きである。