北朝鮮の朝鮮人民軍(北朝鮮軍)戦略軍の金絡謙(キム・ラクキョム)司令官は9日、米領グアム島周辺に向けて弾道ミサイルを発射する計画を検討していると明らかにした。朝鮮中央通信が10日、伝えた。

同軍戦略軍は8日、グアムの軍事基地を弾道ミサイルで包囲射撃する作戦を計画しているとする声明を発表していた。

同通信によると、金氏は「わが朝鮮人民軍戦略軍はグアムの主要軍事基地を制圧、けん制し、米国に厳重な警告信号を送るために中・長距離戦略弾道ロケット『火星12』型の4発同時発射で行うグアム包囲射撃方案を慎重に検討している」と強調した。

また、「われわれが今回取ろうとする軍事的行動措置は、朝鮮半島とその周辺地域での米国の狂態を制止させるうえで効果的な処方になるであろう」と主張した。

つづけて、「戦略軍は、米帝の侵略基地を狙って実際の行動措置を取ることになる歴史的な今回のグアム包囲射撃を人民に公開する方案も検討中にある」と明らかにした。

さらに、「われわれが発射する中・長距離戦略弾道ロケット『火星12』型は、日本の島根県、広島県、高知県の上空を通過するようになり、射程3356.7キロを1065秒間飛行した後、グアム周辺30〜40キロ海上の水域に落ちるようになるであろう」と述べた。

そのうえで、「朝鮮人民軍戦略軍は8月中旬まで、グアム包囲射撃方案を最終完成して共和国核戦力の総司令官に報告し、発射待機態勢で命令を待つであろう」と強調した。