任天堂が公式ストアにて8月22日からSwitch予約を告知。ただし到着日は「10月1日から順次」
任天堂の公式サイト『マイニンテンドーストア』が、同社製ゲーム機『Nintendo Switch』(ニンテンドースイッチ)の次回予約を8月22日からと発表しました。

22日に受け付けるのは「10月以降お届け分」。もし22日に最速で予約ができても、到着予定日は10月1日となります。ただし(従来通り)店頭モデルでは不可能な、Joy-Con(コンローラー)とストラップのカラーのカスタマイズが可能です。

またこの告知に合わせて、これまでは随時販売だったスタイルを転換。8月22日以降は、基本的に予約販売制となることを示しています。

これは今回公開された「ご予約にあたっての注意事項」中に、「予約受付期間中は通常販売の予定はない」「一日の予約受付可能台数には限りがあるが、8月22日以降も継続して予約受付」といった旨が告知された点によるものです。



これまでにもマイニンテンドーストアでは、限定版ゲームソフトを受注生産へと変更する動きなどが発表されていました(詳細は下記記事を参照ください)。今回はスイッチ人気の高まりを受け、本体もこうした路線を採ることにしたと考えられます。
任天堂がマイニンテンドーストアのアクセス障害を謝罪。次の限定版は受注生産へ変更して怪獣対策


また、他にも重要事項として「支払い方法はクレジットカードのみ」で「注文翌日にお支払いが発生する」旨なども告知されています。



ニンテンドースイッチは昨今大変な品薄状態となっており、多くの量販店で予約が不可能な状態。任天堂は速くも年末に向けた増産体制を公表していますが、今回の公式通販の路線転換は、少しでも確実な入手方法を確保しておきたいと考える方にとっては朗報と呼べる動きです。

任天堂が「スイッチ本体品薄のお詫び」を掲載。7月・8月はスプラトゥーン2セット含め出荷増、年末に向けさらに増産体制へ

到着までは1か月以上の時間が空く点、そして支払いタイミングが速い点は悩ましいところですが「10月中にスイッチを着実に入手したい」と考える方は、22日には公式通販をチェックしておきましょう。