北海道の宇宙開発展

写真拡大 (全2枚)

 北海道は8月17日と18日、道庁本庁舎において、道内で行われている宇宙開発事業について紹介する企画展を実施する。観測用ロケット「MOMO」の模型展示や、小学生対象のロケット工作体験も行う。工作体験の申込みは先着順。

 「北海道の宇宙開発展2017」では関係機関とともに、道内で行われているロケットの打ち上げや人工衛星の開発などを紹介する。

 7月30日に打上げを行ったインターステラテクノロジズの協力のもと、観測用ロケット「MOMO(モモ)」の8分の1モデル模型を展示。大樹町や北海道大学といった北海道の宇宙開発実験拠点を紹介するパネル展示も行う。

 ロケットのしくみを紹介する「JAXAロケットガイドコーナー」ではパネル展示を行うとともに、先着50名にガイドブックを配布する。

 小学生を対象とした体験イベントとしては、2日間で計5回のフィルムケースロケット工作を実施。入浴剤を燃料に、カメラのフィルムケースと紙でロケットを飛ばす。参加費は無料で、定員は50名。参加を希望する小学生は、必要事項を明記のうえ、電子メールまたはFAXで北海道経済部科学技術振興室まで申し込む。定員になり次第、申込みを終了する。

【北海道の宇宙開発展2017】

日時:平成29年8月17日(木)10:00〜17:00/18日(金)10:00〜15:00

場所:北海道庁本庁舎1階道政広報コーナー(札幌市中央区北3条西6丁目)

◆北海道の宇宙開発展

日程:

 平成29年8月17日(木)10:00〜17:00

 平成29年8月18日(金)10:00〜15:00

場所:北海道庁1階 道政広報コーナー(札幌市中央区北3条西6丁目)

・工作体験<ロケットとばそう>

開催日時:

 平成29年8月17日(木)10:00/13:00/15:00

 平成29年8月18日(金)10:00/13:00

所要時間:1時間

対象:小学生

定員:50名 ※先着順

申込方法:第3希望までの希望時間帯など必要事項を明記のうえ、電子メールまたは申込書FAXを北海道経済部科学技術振興室まで送信する 《リセマム 勝田綾》