︎犬も外見から年をとるのでしょうか?

とくに人間は見た目が老けていくことや、老いていく事に敏感ですよね。
アンチエイジングという言葉がこれだけ広まったのも、人間の老いに対する抵抗や嫌悪感からではないでしょうか。
でも、どうでしょう。アンチエイジングなんてない犬の世界。彼らも見た目から年をとっていくのでしょうか?

︎犬の成長の早さの違い

犬は同じ犬でも、犬種や大きさによって成長の速度や寿命も異なります。
大型犬、中型犬、小型犬で成長の早さが異なるため食事や運動なども気をつけなければなりません。

大型犬の成長の早さについて

大型犬は成犬になるまではとてもゆっくりなのですが、老化は中型犬や小型犬より早くやってきます。

中型犬/小型犬の成長の早さについて

中型犬や小型犬は成犬になるのがとても早く、老化は大型犬より早くやってきます。

︎犬の年齢と人間の年齢は同じなの?

犬と人間の年齢の数え方は同じではありません。
長く犬を飼っている方がよくお話しされています。

「気づいたら、この子の方がおばあちゃんになっちゃったの」
「私の方が若いのよ」

その通りで、犬の方が人間よりもとても早く年をとっていきます。
例えば、自分が10歳の時と犬が10歳の時ではとても大きな差があります。
では、どのように年齢を換算しているのでしょうか?

大型犬の年齢と人間の年齢の違いとは?

大型犬は、12+(犬の年齢ー1)×7で計算ができるようです。

ちなみに、大型犬は最初の1年で12歳まで成長するそうですよ。

中型犬と小型犬の年齢と人間の年齢の違いとは?

中型犬と小型犬は、24+(犬の年齢ー2)×4で計算ができます。

中型犬と小型犬は最初の2年で24歳まで成長するそうですが、1年に12歳ずつではなく大型犬より早く年を重ねています。

︎外見でわかる犬の老化

いつまでもかわいいかわいい、ワンコ達ですが、どこを見ると年齢がわかるのでしょうか?
ちなみに、人間で考えてみると、顔のしわやシミ、ほうれい線、首元のしわや、手肌の艶や髪の毛の艶とこしなど。主に顔中心の物が多いような気がします。
犬にも、目に見える老化はあるのでしょうか?

犬の老化現象

白髪が増える(ヒゲや口元などか)目が白っぽく濁る(白内障や緑内障など)耳が聞こえにくくなる(今まで反応していた音に鈍くなる)段差やベッドなど上り下りが難しくなる(ジャンプ力の低下など)体臭や口臭が今までと変わる(きつくなったりする)

このように、犬の老化(外見)も人間の老化現象ととても似ていることがわかります。
かといって、犬たちは外見の老化に対して人間のようにケアはしてはいないんですけどね。

︎まとめ

犬にも老化はあるんですね。人間のようにしわ、しみ、たるみなど気にしている犬たちはいないでしょうが、一緒に生きている自分のワンコが少しでも健康で若々しく生きていてくれるよう、飼い主が老化のサインや変化ん気づいて寄り添ってあげることが大切ですね。