お尋ね者の顔がSNSで話題に(画像は『Mirror 2017年7月29日付「E-fit image of man wanted for flashing ridiculed for hilarious likeness to an ALIEN」(Image: Lincolnshire Police / SWNS.com)』のスクリーンショット)

写真拡大

7月19日早朝、英リンカンシャー州ボーンで露出狂の男が目撃された。リンカンシャー警察は目撃者の証言をもとに「電子顔識別技術(Electronic Facial Identification Technique、E-FIT)」で男の似顔絵を作成し、情報の提供を呼び掛けた。しかし警察の目論見とは別に、お尋ね者である男の顔が「あの人に似てる!」と意外な方向で拡散している。

それもそのはずこの男、実にインパクトが強いのである。スキンヘッドで目は茶色。口の周りにはうっすらと髭が生えているものの、唇は薄い。目の周りは虹色に輝き、肌はツルツルのようにも見える。そして何よりも一度見たら忘れられない顔をしているのだ。

それでは一体誰に似ているのか?

「まるで(映画)『ハリー・ポッター』のヴォルデモートのようだ。」

「いや、(ホラーテレビシリーズ)『アメリカン・ホラー・ストーリー』のリズ・テイラーだね。」

「(米映画)『オースティン・パワーズ』のドクター・イーブル本人じゃないか!」

「(英クイズ番組)『クリスタルメイズ』の司会者、リチャード・オブライエンにも似てるよ。」

「(ディズニー映画)『白雪姫』の魔法の鏡じゃないのか?」

「(SF映画)『E.T.』か、(SFテレビドラマ)『ドクター・フー』のエイリアンだろう。」

これらはSNSのコメントから抜粋したものだが、男の顔は人間の枠を超えて比較され、拡散しているもよう。しかし肝心の露出狂男のベールは未だにはがされておらず、「この似顔絵で捕まえることができたら奇跡だね」といった意見も見受けられた。

警察が開示している顔写真と言えば、容疑者のマグショットが時折話題になる。今年4月には「加工したの?」と思われるような変顔の男の写真が公開されSNSを賑わせた。

画像は『Mirror 2017年7月29日付「E-fit image of man wanted for flashing ridiculed for hilarious likeness to an ALIEN」(Image: Lincolnshire Police / SWNS.com)』『Lincolnshire Reporter 2017年7月28日付「Lincolnshire Police released unusual flasher e-fit and social media didn’t disappoint」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)