「TIF2017」グランドフィナーレ

写真拡大

世界最大級のアイドルイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」(TIF)が8月4日(金)から6日(日)まで、東京の台場・青海周辺エリアで開催された。
チェアマンを務めたHKT48・指原莉乃の開会宣言で幕を開けた今年のTIFは、9つのステージに合計223組1480人のアイドルが出演。3日間で過去最多となる81,378人を動員した。

指原莉がプロデュースするアイドル・=LOVEのデビューシングルリリースや、STU48のツアー開催、SKE48の大矢真那卒業コンサート開催など様々なサプライズ発表もあり、大きな盛り上がりを見せた。
また2014年以来のTIF出演となった東京女子流は「おんなじキモチ」など初期の楽曲を3年ぶりに台場の空に響かせ、会場を熱狂させた。

最終日の大トリを務めた乃木坂46・3期生のステージには乃木坂46の選抜メンバーがサプライズで登場し、熱気は最高潮に。興奮冷めやらぬままフィナーレを迎え、アイドルの真夏の祭典は幕を閉じた。

>>元記事で写真をもっと見る