9日、韓国・聯合ニュースによると、来年韓国で開かれる平昌五輪・パラリンピック組織委員会が、日本の公明党国会議員5人を諮問委員に委嘱した。資料写真。

写真拡大

2017年8月9日、韓国・聯合ニュースによると、来年韓国で開かれる平昌五輪・パラリンピック組織委員会が、日本の公明党国会議員5人を諮問委員に委嘱した。

同委員会の李熙範(イ・ヒボム)委員長は「平昌五輪と2020年の東京五輪を契機とし、日韓両国の文化、観光交流における協力が強化され、両国のパートナーシップが一層強まることを望む」と語った。

諮問委員の委嘱を受けた公明党の国会議員は、魚住裕一郎党参院会長と輿水恵一、中川康洋両衆院議員、三浦信祐、伊藤孝江両参院議員の5人。

記事によると、魚住氏らは「東アジア3カ国で五輪開催が続く。そのトップバッターである平昌冬季五輪の成功を祈り、日本国内での宣伝をしっかり行って、協力関係強化に向けて努力したい」とコメントしたという。

大会組織委員会は9月に東京で行われる日本最大級の観光見本市「ツーリズムEXPOジャパン」に韓国観光公社などとともに参加し、チケットの発売やPR活動を行うことにしている。(翻訳・編集/川尻)