“女王の帰還”少女時代、本日「M COUNTDOWN」で新曲ステージを初披露

写真拡大

少女時代が本日(10日) 新曲「Holiday」と「All Night」のカムバックステージを音楽番組で初公開する。

少女時代は本日午後6時に放送されるMnet「M COUNTDOWN」に出演し、6thアルバムのダブルタイトル曲「Holiday」と「All Night」を華やかなパフォーマンスとともに披露する予定で、音楽ファンはもちろん、視聴者の視線を釘付けにすると見られる。

特に「Holiday」のパフォーマンスはビヨンセ、ジャスティン・ビーバー、ブラック・アイド・ピーズなど、世界的なポップスターのダンスを担当した有名な振付け師カイル・ハナガミ(Kyle Hanagami) の作品で「You Think」、テヨンの「Why」「I Just Wanna Dance」などに続き、もう一度少女時代と息を合わせた。少女時代だけの活気溢れる魅力を満喫できる最高のパフォーマンスで注目を集めると見られる。

そして「All Night」のパフォーマンスはブリトニー・スピアーズ、アヴリル・ラヴィーン、クリス・ブラウン、ジャネット・ジャクソンなど有名なポップスターらと作業した世界的な振付師、仲宗根梨乃(Rino Nakasone) が担当した。「GENIE」「I GOT A BOY」に続き、もう一度少女時代と息を合わせただけにガールズグループ最高のパフォーマンスを披露する少女時代のステージにより一層関心が高まると期待される。

少女時代は本日の「M COUNTDOWN」を皮切りに、12日にMBC「ショー 音楽中心」、13日にSBS「人気歌謡」など各種音楽番組に出演し、カムバックステージを披露する。