【詳細】他の写真はこちら

アスリートだけでなく、日々の健康管理に取り組みたい人にも。

フィンランドの精密機器メーカー「SUUNTO(スント)」は、マルチスポーツ対応GPSスポーツウォッチ『SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR』を発売すると発表しました。Spartanシリーズの本格的トレーニング機能、3個の心拍計測LEDランプ、GPS/GRONASSといった充実機能を備えながら、本体価格3万1900円(一部カラーは3万6900円)というコストパフォーマンスの高さが魅力です。初回限定カラー含め7色のカラーバリエーションが用意され、2017年8月31日より順次発売されるとのこと。



▲写真左より、BLACK、BLUE、OCEAN、STEEL、GOLD、WHITE、CORAL(STEELとGOLDのみ3万6900円で10月初旬発売予定、WHITEとCORALは初回限定生産モデル)。

スポーツから日常生活のライフログ管理にも





『SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR』にはランニング、サイクリング、スイミングなど約80種類のスポーツモードがインストールされていて、画面には各スポーツに特化した計測データがリアルタイム表示されます。内蔵GPSはランニングなどの速度・ペース・距離の計測に用いられるだけでなく、ルートナビゲーション機能にも使われるのだそう。

また、日常生活のライフログ管理にも活用でき、歩数計や睡眠時の心拍モニタリングといった機能は毎日の健康管理に役立ってくれそう。これらのデータはSUUNTOオリジナルアプリ「Movescount APP」およびPCサイト「Movescount.com」と同期されます。

フィンランドデザインのハードウェア





すっきりしたデザインのボディは56グラムと軽量で(STEELとGOLDは66グラム)、直径46mm厚さ5.7mmのスリムなケースはポリアミド製、ストラップ部はシリコン製。5気圧防水のおかげで水泳にも使えます。



また、GPSをオフにして時計画面表示のみにした場合には最大14日間持続するというバッテリーの持ちの良さも特徴です。GPS使用時は1秒毎更新のフルパワーGPSモードで最大10時間、60秒更新のパワーセーブGPSでは最大30時間の稼働となりますが、常に着用してアクティビティトラッキング機能を有効にしていたとしても、1回のフル充電で最長10日間の連続使用が可能なのだそう。

コンパクトかつ多機能なスポーツウォッチを求めるニーズに合致しそうな『SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR』、全国のSUUNTO正規取扱い店舗ならびに直営店舗、公式オンラインストアにて販売されるとのことですよ。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト



SUUNTO(スント)公式サイト