「最上もが1st写真集『MOGA』」より

写真拡大

 アイドルグループ・でんぱ組.incの最上もが(年齢非公表)が、今月6日付でグループから脱退したことをブログで報告した。ブログで最上は脱退理由を「どうしても心と身体のバランスが取れなくなり、このままでんぱ組.incとして活動していくことが難しくなりました」と綴っている。

 最上はこれまでも体調不良によって、活動を休んでいたことを明かしており「今後もそういう可能性がゼロとは言えず、自分だけでコントロールすることができない」と説明した。体調に関しては長く自身のなかでも悩んでいたようだ。今後は体調の様子を見ながら、ソロとしての活動に注力していくという。

 この突然の脱退発表に、ファンは「悲しすぎる」「ウソでしょ!?」といった驚きや悲しみの声を寄せている。しかしその一方で、「他のメンバーとの不仲説が背景にあるのでは?」という噂も囁かれている。実際ネット上では、最上不在のイベントにおいて、あからさまに最上を省くようなコメントをSNSに投稿した他のメンバーを取り上げ、不仲説に関する議論が展開された。

 最上自身は「メンバーのことを好きな気持ち、何1つ変わってはいない」とブログで綴っているが、精神的なストレスも脱退理由になっているのではと関係者は語る。

「彼女の状態を考えると、脱退は当然の判断でしょうね。単独イベントを行っていたのも、ソロ活動に向けてのプロモーション強化というよりも、本人の精神状態を重視していたのではないでしょうか。一人の方がやりやすい、精神衛生上のことだったのかもしれません」(アイドルライター)

 最上脱退後のでんぱ組.incに関しては、残った5人のメンバーで活動を続けていくということが発表されている。そして脱退発表の翌日に最上は、これまでの”不仲説”を裏付けるように、他のメンバーをTwitterフォローから全員はずしている。表向きは円満な脱退となっているが、精神的に追い込まれている部分は隠せなかった。

■でんぱ組も最上もがも今後の活動は不透明?

 最上は2011年12月にグループに加入し、グループの知名度向上に貢献してきたメンバーだったこともあり、その抜けた穴は大きい。ネット上においても「もがちゃんが抜けたら誰が誰だかわからない」「この人以外、知らない」「今後どうやって売り出すんだ……」といった厳しいコメントが書きこまれているようだ。

「ファンではない世間一般的な認知度では『でんぱ組=最上』というイメージが大きいのが現実です。あまりにも最上のインパクトが大きかったこともあり、最上が抜けたことでファン層も変化していくのではないかと言われています。グループとして存続していくのも、厳しくなってくるかもしれませんね」(前出・ライター)

 その一方でソロ活動を行う最上もまた、今後は「いばらの道」が待っているという。

「体調の様子を見ながら活動を行うようですが、精神的な浮き沈みも影響すると思われるため、コンスタントに活動していくことは難しいのではないでしょうか。体調が回復して一時的に精力的な様子を見せても、再び無期限活動休止というようなことを発表する可能性もあるでしょう」(同・ライター)

 金髪ショートカットというインパクトのあるビジュアルで、グラビア活動などもこなしてきた最上。まずは体調回復と活動の再始動に期待したい。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。