平成29年度国家公務員採用一般職試験(高卒者)の申込状況

写真拡大 (全3枚)

 人事院は8月9日、平成29年度(2017年度)国家公務員採用一般職試験(高卒者試験)の申込み状況を発表した。申込者数は1万3,958人、このうち女性の申込者数は4,545人で、いずれも現行試験制度となった平成24年度以降最多を記録した。

 国家公務員採用一般職試験(高卒者試験)は、定型的な事務をその職務とする係員の採用試験。6月19日〜6月28日に試験の申込みを受け付けた。第1次試験は9月3日、第1次試験合格発表は10月5日、第2次試験は10月11日〜10月20日の指定する日時、最終合格発表は11月14日に実施する。

 高卒者試験の申込者総数は、前年度比565人増の1万3,958人で現行試験制度となった平成24年度以降最多だった。試験の区分別にみると、事務区分が1万2,344人(前年度1万1,878人)、技術区分が1,215人(同1,138人)、農業土木区分が216人(同229人)、林業区分が183人(同148人)。

 また、女性の申込者数は前年度比397人増の4,545人で、全体の32.6%(前年度31.0%)を占めた。女性の申込者数も現行試験制度となった平成24年度以降最多だった。 《リセマム 工藤めぐみ》