もしかして、ダメウーマン!?男性ドン引き「NG夏コーデ」

写真拡大



暑い時期が続いてきました。もうすっかり季節は夏です。夏はイベントが盛りだくさんなので、外に出かける機会がたくさんあって良いですよね。


お出かけするのに必要なのは、もちろん洋服です。でもちょっと待って、アナタのその服、ちょっとおかしくない!?


そこで今回は、男性がドン引きしてしまうような「NG夏コーデ」を紹介致します。皆さんも参考にしてみて下さいね!

■1.サングラス

「丸サングラスにしろ、デカいサングラスにしろ、服にアクセサリー感覚でぶら下げているのは分かる。でも街中でかけるのは違うと思うんだ。ここはビーチじゃないんだからって思うね」(23歳/美容師)


Tシャツの襟の部分にサングラスをぶら下げるファッションは可愛いですが、そのサングラスを街中で女性がかけていると、男性は少し違和感を覚えてしまうみたい。


海外やビーチなどであれば問題はありません。しかしご飯に行くだけなのにサングラスをかけて登場すると、男性に引かれてしまう可能性があるので注意しましょうね。

■2.長袖長ズボン

「日焼けしたくないって気持ちは分かるし白い肌の女の子の方が好きなんだけど、毎回長袖長ズボンはテンション下がるなぁ。せっかくの夏だから少しは肌を見せてもらいたいです」(25歳/公務員)


日焼けは女の敵!紫外線の多いこの季節に、わざわざ肌を露出したくはないですよね。しかしだからといってこの暑い時期に長袖長ズボンだと、見ている相手も暑くなってしまいます。


また、男性も少なからずは薄着の女性を期待しているもの。長袖を着てもシースルー素材を使う等工夫をして、夏らしさも取り入れてみて下さい。

■3.グレートップス

「女の子だって汗をかく生物って言うのはもちろん理解しているんだよ!?でも、どうしても汗が目に見えて分かるグレートップスだけは着ないで欲しいんです…」(24歳/信託)


男性が汗をかいていても何も思いませんが、男性のTシャツが汗まみれで濡れている場合、多少の嫌悪感を抱いてしまいますよね。男性もそれと同じみたいです。


出来るだけ汗が目に見えて分かるような服は着ないようにしましょう。どうしてもその服が着たい場合は、脇汗パッドや汗ふきシートを駆使して汗をその服に染み込ませないように気をつけて下さいね!

■4.まるで水着

「街中にさ、コレもう水着でしょ!?みたいな服着ている人いるよね。もし自分の彼女があんな格好でデートに来たら、めっちゃ萎えますね(笑)」(21歳/学生)


「とりあえず谷間を強調すればモテるんじゃ…」「夏だしこういう感じも許されるんじゃ…」とまるで水着のような薄い服を着たって、下品な女性だと思われてしまうだけです。女性ウケもとても悪いので、出来るだけ控えた方が良いかも。


まるで水着のような攻めた服を着た場合は、ずっと上着を着て、男性と二人きりになったときに脱ぐようにしましょう。そのギャップに、男性は興奮して萌え死んでくれるはずですよ。

■おわりに

夏はイベントがたくさんある楽しい季節!気になるカレ、大好きなカレと可愛いファッションでデートに行って、カレをドキドキさせちゃいましょうね。(霧島はるか/ライター)


(ハウコレ編集部)