「このハゲ―!」「馬鹿か、お前」の絶叫を年上の秘書に浴びせた暴言や暴行の発覚から1カ月半たっても公の場に姿を見せない豊田真由子衆院議員(自民党に離党届)の新しい政策秘書になった青森県板柳町の松森俊逸町議(61)がきのう9日(2017年8月)、こちらは公の場に現れて「豊田議員とは会ったことがない」「話したこともない」などと語った。それでも勤務実態はあると主張するが、同僚町議からは兼職に厳しい声もあがる。町議の月収は23万円、秘書には月43万円が税金から出る。

松森氏は板柳町で記者会見し、秘書になった理由を、妻(60)が豊田議員の秘書を務めており「大変なので助けてよと言われたのが動機の一つ」と語った。勤務実態がないのではとの質問には「ございます。陳情や要請が今でも山のようにあり、おとといも国会に行き、官庁の人と調整した」という。

一方、べつの公設秘書が取材に「(松森氏は)秘書業務をしていない。何をしているのかもわかりません」と言うのだから、豊田議員の周りはどうなっているのか。

松森氏は会見後に話した赤荻歩アナには「どちらに重点かは五対五、本業はと聞かれたら町議です」と答えた。「ビビット」はさらに話を聞こうと松森氏に何度も電話したが、そのたびに切れてしまった。

「辞職勧告あり得る」と町会議長

同僚町議にどう思うか聞くと、11人中6人が回答した。「議員活動に影響しなければいいのでは」という人もいたが「兼職は考えられない」「無理があるのでは」から辞職勧告に触れる批判もあった。議長は「相談の電話一本ない非常識だから話にならない。町議会をないがしろにする状況になれば辞職勧告もあり得る」という。

堀尾正明アナ「松森氏は年収が倍以上になりますね」

テリー伊藤「豊田議員自身が今は何もしていないのに、国から出る税金を使っているのはひどい話だ。本来なら私設秘書をポケットマネーで雇うべきだ」

司会の国分太一「とにかく豊田議員が出るべきだということですね」