『HomePod』のファームウェアを解析している@_insideが、iPhone 8やiPhone 7s/7s Plusに追加されるかもしれない、新機能に関する記述を新たに発見しました。

iPhone 8でHDR動画が撮影できる?

@_insideによると、ファームウェアに「ModernHDR」という記述がありました。その前後の記述も踏まえると、設定アプリ・カメラアプリに関連がありそうです。

HDRは、従来とは異なる写真の撮影方法としてiPhoneにも導入済み。写真の中で黒く潰れる・白く飛ぶ部分を減らし、肉眼で見たときに近い光景を写真に残せる技術です。

今回の「ModernHDR」は、おそらく動画に関するものでしょう。動画におけるHDRも、肉眼で見たときに近い光景を映像として記録し、再生する技術を指します。

iPhone 8の画面がHDR動画に対応するかは不明ですが、HDR動画の撮影が可能になるのかもしれません。

240fpsのスローモーション動画を1080pで撮影可能?

『iPhone 7』では、240fpsのスローモーション動画を720pでしか撮影できません。

「fps」とは毎秒のフレーム数で、この数字が高いほど動きが滑らかなスローモーション動画が撮れます。「720p」は動画の解像度を指し、この数字が高いほど細部を記録できます。

@_insideが発見した記述によれば、1080pで240fpsのスローモーション動画を撮影できる可能性があります。これがiPhone 8だけなのか、それとも今秋発表される新型iPhoneのすべてで可能なのかは不明です。

4K動画を60fpsで撮影できる、と考えられる記述も見つかっています。

Face ID+Touch IDで二重に保護?

@_insideによると「MultiBiometrics」という記述も見つかりました。「Biometrics」は「生体認証」を意味します。

現在iPhoneで使われている生体認証は、Touch IDによって行う指紋認証だけですが、iPhone 8ではTouch IDに代わって顔認証「Face ID」が導入されると考えられています。

「Multi」とは「複数」を意味する単語ですが、iPhone 8はFace IDのみを搭載すると噂されているので、噂通りなら複数の生体認証には対応しません。

顔+指紋による認証が可能になる機能・iPhoneが今後登場することを示唆しているのでしょうか。それともiPhone 8にもTouch IDが搭載されるのでしょうか。

Face IDはiSightカメラでも利用できる?

Face IDは前面のFaceTimeカメラや赤外線センサーで行う認証、と考えられていましたが、@_insideは「BackPearlSupported」という記述も発見しています。

「Pearl」は顔認証に関する機能を意味する単語だとされています。

「Back」は「後ろ」を意味することから、iSightカメラでも顔認証が可能になるのかもしれませんが、どういった使い方を想定しているのかは分かりません。

Face IDには複数の顔を登録可能か

@_insideは「複数の顔を登録できる」ともツイートしています。Touch IDには最大で5個の指紋を登録できますが、Face IDも同様なのかもしれません。

とはいえ、1人の指紋は両手で10個ありますが、顔は1つだけです。

iPhoneを複数人で共有する使い方が多いとは考えにくいので、精度を上げるために顔を複数登録する必要があるか、今後発売されるiPad向けに用意されている機能なのかもしれません。

参考

@_inside(1) - Twitter@_inside(2) - Twitter@_inside(3) - Twitter@_inside(4) - Twitter@_inside(5) - Twitter@_inside(6) - Twitter