渡部建(アンジャッシュ)

写真拡大

9日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、アンジャッシュ・渡部建がテレビ番組の打ち合わせで「パクリ」を指摘しづらい空気があると語った。

番組では、「もろパクリ企画でもMC仕事ならついつい受けちゃう説」を検証した。浜田雅功がMCの番組「プレバト!!」(同)のパクリ企画のMCを持ちかけられた芸人がどう対応するか、隠しカメラを仕掛けて観察する。「プレバト!!」では出演者が「俳句」「生け花」で腕を競うが、パクリ企画では「短歌」「盆栽」と微妙に変えていた。

渡部は仕掛け人である地方局のスタッフ役から企画説明を受けると、短歌や盆栽に疎いことを理由に「どうせやるなら、ちょっとお時間いただいて、勉強したい」と、やんわり断った。仕掛け人が退出後、渡部はマネジャーに小声で「ダメでしょ、これは」「もろじゃんだって」と、パクリ企画だと認識していたようだ。

その後、ネタばらしに渡部は「最低だね!」「うわ、怖!」と驚き、「あるあるです」「このパターン何度あったか」と過去にも同様の経験があったことを明かした。スタッフから「パクリ」と言わない断り方を称賛されると、渡部は「それは言えないっすよ、もう」「一番、言っちゃいけないやつ」「それは打ち合わせでのタブーでしょ、このご時世」と続けた。

さらに「その言葉、解禁していいんだったら、大体言いますよ」「それをみんな、グッとこらえてやってんですよ、打ち合わせを」「新企画だって、自分で(自分を)騙しながら」とテレビ業界の内情を暴露。渡部の対応に、スタジオの浜田と相方・松本人志からは「えらいなぁ」との言葉が飛び出し、感心していた。

【関連記事】
渡部建 妻・佐々木希との家庭の財布事情を告白「お小遣い制ではない」
渡部建 ブランチリポーターの高柳愛実にマジ説教「何、ヘラヘラ笑ってんの?」
アンジャッシュ・渡部建の本性を矢作兼が暴露「あんな悪い男はいない」