前人未到の記録を更新し続ける最強力士。かたや昨年の理事長選で黒星を喫すると、鳴りを潜める改革派。2つの意思が交錯!

 7月23日に千秋楽を迎えた大相撲名古屋場所で、通算39度目の優勝を果たした横綱・白鵬(32=宮城野部屋)。元大関・魁皇(現・浅香山親方)の持つ通算最多勝利数1247を更新したばかりか、勝利数を1250勝まで伸ばした。

「これで、大相撲の主な記録をほぼ更新したことになります。さすがに双葉山の69連勝は難しいでしょうが、北の湖の持つ歴代最多の横綱在位63場所にも、あと3場所で並びます。優勝インタビューで“名古屋の皆さん、サンキュー!”と39勝にかけて軽口をたたいた気持ちも分かります」(スポーツ紙デスク)

 さらに24日の優勝から一夜明けた会見の席上、この日でちょうど3年後に迫った東京五輪・パラリンピックについて質問されると、「心と体をしっかりかみ合わせて準備したい。3横綱と一緒に(五輪開会式で)土俵入りがしたいですよ」と、2020年までの現役続行に意欲を見せた。

 新たな目標に向け、大横綱が動き始めるかと思いきや、相撲協会の関係者は、「好敵手がいない状態が長らく続き、近年の彼の最大の敵はモチベーションでした。その悩みを吐露する回数は増え、取組の直前まで“気持ちが作れない”とボヤくこともあるんです」と話したうえで、次のように続ける。

「彼の視線は現役力士としての将来像ではなく、角界全体に向けられています。“モノ言う横綱”といわれる彼の姿勢に表れているように、相撲界を“改革”したいというのが本音でしょう。しかも、その未来像には貴乃花親方(44)の姿もあるんです。すでに報道にも出たように、日本国籍取得はその大きな一歩です」

 まだ公の場で明言したわけではないが、モンゴル出身の白鵬は、現役引退後に日本相撲協会に親方として残るために、ネックとなっていた日本国籍取得の意思を固めたとされている。相撲界に親方として残るために必要な年寄名跡の取得。その条件を満たすために日本国籍は必須だったのだが、実はこれまでは「国籍取得に消極的だった」(前出のスポーツ紙デスク)。

 というのも、白鵬の父親のムンフバト氏はモンゴル相撲(ブフ)の横綱で、レスリングの選手としても五輪に5大会連続出場。1968年のメキシコ五輪のフリースタイル87キロ級では銀メダルを取った国民的英雄である。それだけに、その息子の国籍変更は「国家的タブーだった」(前同)。

 一方で白鵬は、モンゴル国籍のままでも圧倒的な結果を残してきた自分なら特例的に一代年寄が認められるだろうと考え、幕内・石浦、十両・山口、序二段・炎鵬の3人を内弟子にして“アピール”していたが、「八角理事長以下、改革派の貴乃花親方も含め、“日本国籍がない者には年寄株の取得を認めない”というのが日本相撲協会の一貫した姿勢。例外なんて言葉は一切出ませんでした」(同)

 そんな折、モンゴル在住の母・タミルさんの後押しが契機となったという。「タミルさんは通算最多勝を更新した一番を観戦したうえで、“お世話になった日本で相撲に恩返ししなさい。それが、あなたの運命だから”と息子に伝えたんです」(同)

 この決断を“チャンス”と捉えているのが、先に協会関係者が述べた貴乃花親方だ。白鵬の直接的な言い方に対して横綱らしからぬと、これまでは批判的だったが、一方で、「親方となればそれがプラスになると考えている」(専門誌記者)という。

「伝統は守りながらも正すべきは正すという改革を標榜しながらも、動きを封じられている貴乃花親方にとって、現状は忸怩たる思いでしょう。しかし、協会のあり方について問題提起することもある白鵬は、同志と言うべき存在。それに、あれだけの実績を残した横綱とタッグを組めば、発言力が増すのは必定。旧体制を打破できると期待しているようです」(専門誌記者)

 昨年3月に行われた相撲協会の理事長選で八角理事長に挑み、6票対2票で敗れた貴乃花親方。その際、「理事長選に出馬するのはこれが最初で最後。今は、すがすがしい気持ちです」と敗戦の弁を語っていたが、「あれで終わる気持ちはさらさらない。近い将来、理事長選で勝利し、盤石の体制を築くために、白鵬を取り込む作戦に転換したようです」(前出の専門誌記者)

 実は白鵬も、その気持ちに応えようとしている。今年2月、貴乃花は貴乃花部屋の大阪場所宿舎である京都・龍神総宮社の豆まきに参加したのだが、そこに白鵬も駆けつけたのだ。

 翌3月、落語家・桂文福のトークショーに参加した貴乃花は、モンゴル国籍のまま親方になろうとする白鵬を“それは難儀なんじゃないでしょうか”として、例外は認めない考えを改めて示したが、「一部では当時から、貴乃花からの“早く決断して一緒にやろう!”というエールだったと言われていた」(前同)のだ。

「そう遠くない将来、貴乃花親方と白鵬親方ががっちりスクラムを組んで、大相撲のさらなる発展に尽力することになるでしょうし、そうあってほしいですね。タイプは違いますが、2人は“孤高の大横綱”として角界の危機を何度も救ってきました。子どもたちが相撲に興味を持ってくれるような環境作りに熱心な点も、共通しています」と話すのは、大相撲に造詣の深いラジオパーソナリティーの大野勢太郎氏。

 白鵬は15年の初場所で取り直しになった一番について、場所後、「あれは勝ってる相撲。帰ってビデオを見たけど、子どもが見ても分かるような相撲だもんね。もう少し緊張感を持ってやってもらいたい」と審判部を痛烈に批判。

 これをきっかけに白鵬バッシングが吹き荒れ、白鵬とマスコミが冷戦状態になったのは記憶に新しいが、「あれは、いわば白鵬の悲鳴ですよ。不祥事が多発した角界を長い間、一人横綱として支えてきた自分をもっと評価してくれてもいいのではないか、という不満が爆発したんです」(前同)

 白鵬が親方になって、まず動くだろうと早くも考えられているのが、これだ。「判定の分かりやすさと公平さもですが、横綱のあり方についても一家言あるようなんです。強い横綱が同時期に複数存在し、場所にしっかり出る。そうすれば、相撲ファンの期待に応え、若手力士の手本にもなる」(前出の専門誌記者)

 現在、白鵬、日馬富士、鶴竜、稀勢の里の4横綱体制が敷かれているが、「白鵬と3横綱の間には実力的にかなり差がある。それに、19年ぶりに誕生した日本人横綱、稀勢の里は、昇進した3月場所で優勝した後はケガで2場所連続途中休場。今夏の巡業は、日馬富士、鶴竜も含めて3横綱が参加しない方向ですからね。仕方ない部分もあるとはいえ、白鵬はここにも不満がある様子。それも含めての横綱という考え方です」(前同)

 相撲評論家の三宅充氏は次のように言う。「全盛期の力はありませんが、白鵬はケガさえなければ、まだまだ角界の第一人者ですよ。天性の相撲勘、体の柔らかさ、懐の深さに加えて下半身の力強さも戻ってきましたからね」

 現役の雄姿ももっと見たいが、貴乃花と協会を改革する姿も早く見たい!