テニス、ロジャーズ・カップ、男子シングルス2回戦。リターンを打つロジャー・フェデラー(2017年8月9日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)テニス、ロジャーズ・カップ(Rogers Cup 2017)は9日、男子シングルス2回戦が行われ、大会第2シードのロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)は6-2、6-1で世界116位のピーター・ポランスキー(Peter Polanksy、カナダ)を下し、2006年以来となる同大会優勝へ向けて好発進を切った。

 この日の勝利で今季の通算成績を32勝2敗としたフェデラーは次戦、スペインのダビド・フェレール(David Ferrer)と対戦する。フェレールは同日、第15シードのジャック・ソック(Jack Sock、米国)を7-6(9-7)、3-6、6-1で破っている。

 8日に36歳の誕生日を迎えたフェデラーが試合時間わずか53分で3回戦進出を決めたと同時に、長年のライバルで第1シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)も大会初戦を短時間で終えている。

 今大会で準決勝に進出すれば、アンディ・マレー(Andy Murray、英国)を抜いて世界ランキング1位に返り咲くナダルは、クロアチアの新鋭ボルナ・コリッチ(Borna Coric)を6-1、6-2で退けた。

 この日行われたその他の試合では、第6シードのミロス・ラオニッチ(Milos Raonic)が4-6、4-6でアドリアン・マナリノ(Adrian Mannarino、フランス)に敗れて初戦敗退を喫した一方、デニス・シャポバロフ(Denis Shapovalov)は6-3、7-6(7-4)でファン・マルティン・デルポトロ(Juan Martin Del Potro、アルゼンチン)を撃破し、地元カナダ勢で明暗が分かれた。

 一方の女子シングルスでは、第1シードのカロリーナ・プリスコバ(Karolina Pliskova、チェコ)がアナスタシア・パフリュチェンコワ(Anastasia Pavlyuchenkova、ロシア)に6-3、6-3、第2シードのシモナ・ハレプ(Simona Halep、ルーマニア)がマグダレナ・リバリコワ(Magdalena Rybarikova、スロバキア)を6-3、6-4で退けるなど、上位4シードが順当に3回戦進出を決めている。
【翻訳編集】AFPBB News