ロボットや玩具などのデザインをてがけるフリーデザイナーの倉持キョーリュー(@kyoryu_kuramo)さんの妻は、溶接工。

キッチンのシンクに飼い猫が入り込まないよう、フタを自作してしまうほどの素晴らしい腕前です!

夫のデザイン力と、妻の溶接の技術が融合したら、どんな作品が生まれるのでしょうか。

まず、夫が描いたイラストがこちら。

男性の夢をカタチにした、2足歩行のロボット。なんと、パイロットは猫のようです!

コクピットは背面が大きく開くスタイルで、パイロットが乗り込むのも楽ちんですね。

そして、このデザインを妻が立体化してしまいました!

溶接工の妻が作った、夢のロボット完成

こちらが、妻が作ったロボットです!

溶接工だけに金属で作るのかと思いきや、段ボール製。ですが、完成度が高すぎます…!!

可愛らしいことに、猫もしっかり乗り込んでくれていますよ。

使用した段ボールはすべて、猫のごはんの箱というこだわりっぷり。

段ボール製とはいえ、妻の技術はプロフェッショナル。猫が乗っても、倒れることがない安定感。そして、ロボットの内部にはマグネットが仕込んであり、後から各種装備を追加できるというしくみまで…!

夫妻の技術力+猫の、破壊力バツグンなロボットが誕生。

「うちにも1台欲しい!」と熱望する人が続出することでしょう!

[文・構成/grape編集部]