「あまから手帖」といえば関西のグルメ雑誌の老舗で、舌の肥えた読者で知られる。その編集長が教える京都の楽しみ方。しかも今回は和食だけじゃない、京都にあるほんとうに美味しい店をご紹介。第3回は観光客が知らないランチの名店紹介。

◆ ◆ ◆

観光客はきっと知らない祇園・昼の穴場

 昨今、京都の人出、えらいこっちゃです。先日、午前中に祇園で打ち合わせがあって、川端通から八坂さんに向かって歩き始めて絶句。道路の両サイド、歩道がみっちり観光客で埋まっていた。巨人戦終わりの阪神甲子園駅かっ! と突っ込みたくなるほどに、人、人、人の大渋滞。いや、参った。

 取材が終わり、ちょうどお昼どき。何か食べて帰ろかな……と、鯖寿司といえばの『いづう』へ。ハイ、行列。京風うどんの『おかる』、さらに大行列。葛きりで小腹を満たすか……と向かった『鍵善良房』、満席。うーん、どないしょ……と思ったその時、ピン! と閃いた。さすがにココは地元の人しか知るまいと、入り込んだのは富永町通りのビルの隙間。広東料理の『平安』は1卓だけ空いていた。エライぞ、アタシと自画自賛でニヤけつつ、名物カラシソバを注文。

「中高大、どれにしましょ?」。毎度の台詞は、量のことでなく、辛さの具合。中学生は子どもすぎるので、私は大抵高校生で。大学生には手を出したことはないが、結構手強い辛みらしい。その辛子はマスタードで、あらかじめ中華麺に絡めてある。これをラーメン鉢に入れ、魚介と鶏、筍、キクラゲ、レタスの入ったあんをかけて出来上がり。ゆえに、下からしっかりと混ぜないと、最後が辛い! 

 いい塩梅にかき混ぜてすすり上げれば、刺激ある旨みが猛然と襲いかかってくる。俄然ビールを呼ぶのだが、この日は仕事中につき……。ここはぜひ休日に、数人で訪れてほしい。その際は、春巻やシュウマイも必ず追加されたし。京都らしい、はんなり優しくて懐かしい味にほっこりし、街の喧噪が遠くに感じられるはずだ。


刺激ある旨みが楽しみなカラシソバ900円

 祇園祭も終わり、街の混雑も一段落か……と思いきや、それがそんなワケにはいかないのが京都。七夕祭に五山の送り火、川床の愉しみもあって、夏は夏で大賑わいだ。秋ともなると行楽客がさらに増え、紅葉の頃はまさにピーク。昼ご飯難民になるリスクも高くなる。そんな時、この一冊が頼りになるはずだ。ちょっと宣伝をさせていただくと、「あまから手帖」から7月3日にMOOK「京都 昼の100選」が出た。前述の『平安』も載っている。今回は、この一冊から夏にオススメの昼ご飯どころをご紹介したい。

昔づくりの湯豆腐店の、冷や奴がいい

 京都に来たらやっぱり湯豆腐を食べてみたい。そんな時は、二年坂の『奥丹清水』へ。

 数寄屋造りの座敷で、日本庭園を愛でつつ、風情たっぷりに豆腐料理が味わえる。「おきまり一通り」が定番で、湯豆腐に精進天ぷらや木の芽田楽、とろろ汁、ゴマ豆腐が付いて3000円。自家製木綿豆腐を使うこちらもいいが、私の押しは「昔どうふ一通り」4000円。滋賀県の契約農家で栽培した大豆と、比良山麓の地下水、天然にがりでちょいと硬めに作られている昔どうふは、豆の甘みが力強く、素朴な滋味がある。

 いやいや夏に湯豆腐は……というお連れがいたらば、夏季限定の「冷奴一通り」3000円を薦められたし。こちらは、やらかくて滑らかな木綿豆腐。ガラス鉢から掬い上げると氷がカランと鳴ったりして、涼味豊かだ。カツオの風味がガツンと利いた秘伝のタレがまた旨く、猛暑の日、食欲が……ってな時でも、するりと腹に収まる。


夏季限定の「冷奴一通り」

嵐山で、夏には夏の京寿司を

 京都らしいといえば、もう一つ。肉厚の鯖寿司に代表される京寿司も、ぜひ味わっていただきたい。京都では、慶事や祭礼など人の集まるハレの席で振る舞うご馳走として、箱寿司やちらしなどの華やかな寿司が親しまれてきた。その京寿司の基本を踏まえつつ、創意を凝らした品揃えで魅せるのは、『大善』。


京都らしい『嵐山 大善』の外観

 箱寿司や棒寿司などの関西寿司は通年食べられるものが多いので季節感がないと言われるが、ここは違う。それが『大善』の個性であり、数ある京寿司の中で異彩を放つ所以だと私は思う。だから夏には、旬とはいえない鯖寿司はない。代わりに、焼鮎にトリ貝、アジなどの棒寿司がある。

 その焼あゆ寿司950円をゆかり酢で食べる、という発想がいい。甘酸っぱい香りの酢が鮎の野趣を際立たせ、ちょっと軽めの夏純米あたりと爽快な相性を見せる。そうそう奈良「篠峯」や島根「玉櫻」など酒の揃いもよろしく、昼から呑むぞ、という向きも大歓迎。造りから珍味と寿司以外のアテも充実している。締めにはピリッと七味唐辛子が利いた、九条ネギとジャコの細巻き1000円を、ぜひ。

 ちなみにこちら、持ち帰りもできる。京都観光のラストを嵐山にして、棒寿司や細巻きなどメニューからあれこれ選んで折に詰めてもらい、新幹線でゆっくりいただくのも一興だ。以前、とある方に「楽屋見舞いに向く、夏の京都の逸品をおすすめしてほしい」と請われて、こちらの名物・小鯛笹巻寿司(3個900円)の折をお持ちしたところ、「目にも涼しいですね!」と大変喜ばれた。持ち帰りも考えた酢飯はちょっぴり甘くて、ほんのり笹の香りを纏った小鯛の爽やかな旨みを倍増させていた。

 そうそう、夏におすすめの京寿司と言っておきながら何だが、私の好物は黒七味入りの壬生菜の細巻き。壬生菜は冬野菜なので、これを食べられるのは早くて晩秋なのだけど……。


夏ならではの「焼鮎寿司」

酒好き店主の天ぷら&名物・麦きり

 左党ならば、観光の合間にも一杯といきたいだろうから、この人に任せておけば絶対に楽しい、という主の店をラストに一軒。高倉通六角の『天ぷら割烹なかじん』。

 店主・中村一臣さんは、ビール、ワイン、日本酒、焼酎と何でも来いで、マリアージュだけでなく「この日本酒はロックがおすすめですよ〜」と呑み方の提案もしてくれる。

 実は中村さん、以前は蕎麦屋を営んでいた。私が初めてお会いしたのは、90年代の後半。関西ではまだ手打ち蕎麦が少なかった頃で、石臼で蕎麦粉を挽き、十割で打っていた。とにかく凝り性で、当時から天ぷらにも定評があり、酒にも詳しかった。訳あって蕎麦が打てなくなった後、天ぷら割烹を開いたのが8年前だ。

 その培ってきたものすべてが、昼でもコースで味わえる。前菜盛り合わせは、南蛮漬けや蒸し鶏など細やかに手がかけられた品が5種ほど。夜は通称「アフロ」と呼ばれるかき揚げなど度肝を抜くような創作性を楽しめる天ぷらだが、昼は直球勝負で、車エビや万願寺唐辛子や賀茂ナスなど旬の野菜を次々と揚げてくれる。


京都らしい「生麩」の天ぷら

 京都らしいのは、生麩。カリッとした衣の中にむにゅっとした麩の食感、そのコントラストが痛快だ。ほんのりレアな火入れの、丹波地鶏の胸肉揚げも忘れられない。噛めばぶわっと旨みが広がり、胸肉の底力が存分に引き出されていた。

 締めは天丼か天茶。と、その前に。となるが、中村さんのコースの真骨頂が登場する。元蕎麦の名手が編み出した名物「麦きり」。北海道産の小麦とデュラムセモリナ粉を使った全粒粉の麺で、イギリス産の海塩でいけば華やかな風味が一層際立ち、瞠目必至だ。アイス最中やあんみつなど4種から選べる自家製の甘味で締めるこの「月」コースが3990円。ものすごくお得だと思うのは私だけではあるまい。


天ぷら屋なのに締めは「麦きり」

 と、ここまで書いて、は! とした。しまった、この連載、タイトルは「京都、和食じゃない美味い店」だった。最初のカラシソバは別として、豆腐料理に寿司、天ぷら。バリバリ和食やないの。いやいや、京都の昼というテーマなので、仕方あるまい。割烹や料亭などの日本料理店を断腸の思いで外したので……お許しを。


京都のランチはこれ一冊で

 え? それこそ知りたい? ならば、MOOK「京都 昼の100選」をご購入くださいまし。日本料理はもちろんのこと、イタリアンにフレンチ、ラーメンに加え、漬け物や和菓子など土産になる名品の情報まで含めて計100軒。甘味どころ5軒も特別に収録している。コンパクトな四六判で、1000円也。この連載もあって京都通いをする私のカバンには常にこの本が入っている。

中本由美子
「あまから手帖」4代目編集長。1970年生まれ、名古屋育ち。青山学院大学経済学部を卒業後、「旭屋出版」にて飲食店専門誌を編集。1997年、(株)クリエテ関西に転職。「あまから手帖」編集部に在籍する。2001年フリーランスに。「小宿あそび」「なにわ野菜割烹指南」などのMOOK・書籍を担当後、2010年、「あまから手帖」編集長となる。

あまから手帖
1984年創刊。関西の“大人の愉しい食マガジン”として、飲食店情報を軸に、食の雑学、クッキングなど関西の“旨いもん”を広く紹介する月刊誌。最新号は8月号「上方の鰻 天ぷら 蕎麦」。7月3日発売のMOOK「京都 昼の100選」も好評発売中。

(中本 由美子)