暑い夏。少しでも涼しいところに行きたいものだ。とは言え、屋内ばかりでも味気ない。というわけで、標高が高ければ涼しい……という理屈から、東京の鉄道で最も高地を走る青梅線の旅をご紹介しよう。

標高はどんどん上がり、奥多摩駅は海抜343m

 青梅線は、中央線の立川駅から分岐して奥多摩駅まで、多摩川に沿って結んでいる路線だ。立川駅から青梅駅あたりまでは中央線に直通する列車もたくさん走る住宅地で、そこから先は雰囲気が一変する。左手に多摩川を見ながらカーブを繰り返しつつどんどん標高を上げていき、終点の奥多摩駅は海抜343m。多摩川の渓谷も迫るなかなかのド迫力の車窓風景が広がっているのだ。


味わい深い奥多摩駅

 で、実際に青梅線に乗ってみると、ローカル線の旅気分……と言いたいところだが、なんとハイキング客でギッシリ満員。確かに乗ってみるまで忘れていたが、青梅線は御岳山や高水三山、日原鍾乳洞などへのアクセス路線で、夏休みシーズンは行楽客で賑やかなのだ。そもそも、日中のダイヤは平日の45分間隔に対して土・休日は30分間隔とちょっと多めだし、新宿から奥多摩まで直通する「ホリデー快速おくたま」も走っている。東京では珍しい、“行楽仕様”の路線なのである。

 そんな青梅線の終点、奥多摩駅。山際ギリギリにあるホームは少し高い場所にあり、階段を降りて駅舎に向かう。駅舎は山小屋ロッジ風、駅前からは日原鍾乳洞に向かうバスが出ていたり、ハイキング道の「奥多摩むかし道」があったりと、まさしく“行楽駅”である。肝心の気温も、都心と比べれば2〜3度は低い感じ。木陰に入れば風も爽やかで、さすがの奥多摩だ。


駅前からは日原鍾乳洞に向かうバスが出ている

 そしてこの奥多摩駅、鉄道ファン的にも楽しみは満載。奥多摩むかし道のあたりまで歩いてちょっとだけ山道を登っていくと、そこにはなんと古びたレールが! そう、奥多摩には廃線跡があるのだ。これは、小河内ダム建設のために設けられた貨物路線で、現役時代は1952〜57年までと短いけれど、東京都民の水がめの建設を支えた重要な路線なのだ。と、ワクワクする廃線跡だが、いつ野生動物が現れてもおかしくないところなのであまり長居しづらいところ。


 

山中をE233系が駆け抜けるというアンバランス

 廃線跡を堪能して奥多摩駅に戻ってきたら、再び青梅線に乗って少しだけ青梅方面に戻って御嶽駅。ロッジ風の奥多摩駅に対して御嶽駅は寺社建築風の駅舎が出迎える。こちらは駅名の通り、御岳山への登山口。バスに乗り継げば御岳登山鉄道ケーブルカーの滝本駅だ。そこまで行かなくても御岳渓谷の景勝が駅のすぐ近くにあり、美術館もいくつかあるので充分楽しめる。

 そして最後の訪問先は軍畑駅。読み方は“いくさばた”。戦国時代、周辺を治めていた三田氏と北条氏が激突した辛垣の戦いの舞台になったことからこの名が付いたという。駅そのものは何の変哲もない小さな無人駅だが、みどころは駅のすぐ近くにある奥沢橋梁だ。多摩川の支流・平溝川の渓谷に架かる橋で、赤い橋脚がインパクト大のトレッスル橋。長さは105mとさほど長くはないけれど、高さはなんと40m超といかにこのあたりが山深いのかを教えてくれる。そして、そんな山中を中央線と同じJR東日本が誇るE233系が駆け抜けるというアンバランスもまた、青梅線ならではだ。


 

 他にも青梅駅の発車メロディが「ひみつのアッコちゃん」、奥多摩駅が「どんぐりころころ」だったり、五日市線と分岐する拝島駅近くの米軍横田基地を飛び立つ軍用機だったり、楽しめるポイントは意外と多い東京最高標高の青梅線。日帰りでのローカル線の旅を、楽しんでみてはいかがだろうか。

写真=鼠入昌史

(鼠入 昌史)