aiko名曲「カブトムシ」を上白石萌歌が新CMでカバー「噛み締めて、大切に歌いました」

写真拡大 (全2枚)

女優の上白石萌歌が「キリン 午後の紅茶」新ブランドのテレビCMで、1999年に発売されたaikoの大ヒットシングル「カブトムシ」をカバーすることがわかった。aikoの曲がテレビCMでカバーされるのは今回が初となる。

2016年の冬に放映したCMの第2弾となる今作は「おちつけ、恋心。」篇として、引き続き南阿蘇村白河水源を舞台に、ほろ苦い恋の渇きをテーマにした10代の恋愛が描かれている。
CMでは、上白石が清流に素足を入れて涼み、緑豊かな川辺でaikoの楽曲「カブトムシ」を、恋する彼へのまっすぐな想いとともに澄んだ声で歌っている。

「中学一年生のとき、『初恋』のシングルCDを買ってもらったのがきっかけ」でaikoを好きになったという上白石は、今回「カブトムシ」歌唱にあたり、「リアルで鮮やかな歌詞や歌声に引き込まれ、今ではライブに足を運ぶほどです。わたしの青春はaikoさんでできていると言っても過言ではないほど、わたしにとって特別な存在です。そんなaikoさんの『カブトムシ』を歌うことには責任を感じましたが、噛み締めて、大切に歌いました。生涯忘れることはないでしょう(笑)」と、「カブトムシ」の歌詞の一部を引用し、コメントした。
同CMは、この8月11日より全国で公開。YouTubeで見ることもできる。

また、当のaikoは先日7月17日にデビュー19周年を迎え、20周年イヤーに突入。現在、全国ライブハウスツアー「Love Like Rock vol.8」の真っ最中だ。

【aiko】記事一覧


■オンエア情報
「キリン 午後の紅茶」 新ブランドTVCM「おちつけ、恋心。」篇 60秒