菊川怜

写真拡大

 フリーアナウンサーの小倉智昭(70)が、フジテレビ系「とくダネ!」を9月いっぱい卒業する女優の菊川怜(39)に「私をギャフンといわせて」とメッセージを送った。

 12年7月からMCを務めてきた菊川は、9日生放送で番組卒業を発表。小倉から「逃げ出すんですか?」とイジられ、「ちょっとちょっと、そんなことはないです」と苦笑いしながら「9月いっぱいでとくダネ!を卒業することになりまして、振り返ると5年3カ月だったんですけど、その時間をとくダネ!と一緒に過ごさせていただいきました。30代を振り返ってもとくダネ!が私の基盤にありました。今まで応援してくださった視聴者の皆様や、小倉さんをはじめとする番組関係者の皆様には今まで支えていただいて、ほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。卒業は寂しくもあるんですけど、また新たなスタートラインに立つつもりで、今後もいろいろなことにチャレンジしていきたいと思います。まだ8月9月と残っていますので、どうぞよろしくお願いいたします」とあいさつした。

 小倉は菊川の卒業報告に「5年3カ月で卒業メッセージが一番うまく伝えられた」と再びイジり、「正直言っていい? 怜ちゃんが初めて来た時、どうしようかなって思ったの。頭のいい人だというのはわかってたけど、一緒に司会をやって、どういうふうに怜ちゃんをイジっていけばいいのかなって」としみじみと振り返ったが、「でも最後、気がつくと自分がイジられるっていう情けない状況で」と自虐した。

 「まだ終わったわけじゃないし、9月いっぱいありますから、最後まで頑張って、私をギャフンといわせてください」とエールを送ると、菊川は「最後のギャフンをがんばりますよ」と笑顔。そんな菊川に小倉は「結構、したたかな人だというのはわかってきてますから」とやり返したが、さらに菊川が「ちょっと時間かかりましたね、わかるまで」とチクリ。笑顔で卒業報告を締めくくった。