バルサ、コウチーニョに総額130億円で二度目オファー リバプール即刻拒否が判明

写真拡大

ネイマールの後継者を探すバルサはコウチーニョに狙いを定めるも…

 リバプールはブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョに対し、バルセロナから移籍金総額1億ユーロ(約130億円)で二度目のオファーを受けたが、これを拒否していたことが分かった。

 英公共放送「BBC」が報じている。

 パリ・サンジェルマンへ移籍したFWネイマールの後継者を探すバルセロナは、コウチーニョに狙いを定めていた。

 一度目のオファーは移籍金約8000万ユーロ(約103億円)で、リバプールはこれを拒否していた。二度目の今回ははじめ8500万ユーロ(約110億円)、そして追加報酬として1500万ユーロ(約20億円)が支払われる総額1億ユーロという条件が提示されたが、やはりリバプールは即刻拒否したという。

 リバプールは10番を背負うコウチーニョについて非売品であるということを繰り返し唱えている。コウチーニョの契約には契約解除条項が含まれておらず、ユルゲン・クロップ監督も放出を頑なに拒否する姿勢を明確にしている。

 BBCのレポートでは「リバプールはこの問題が終了したと考える」とされており、これ以上の進展はないと見込んでいる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images