今秋発表のiPhone 7sは『iPhone 7』とほぼ同じデザインと噂されていますが、そのiPhone 7sのデザインを模したと思われる原寸大模型がおそらく初めて公開されました。

iPhone 7sもガラス製の背面パネルを搭載か

写真にはiPhone 7sのほかに、iPhone 7s Plus・iPhone 8の原寸大模型とされるものが写っています。


画像:9to5Mac

この写真は、これまでにも正式発表前に新型iPhoneの情報を公開してきたSonny Dickson氏が『9to5Mac』に提供したものです。ほかの写真は9to5Macで公開されているので、ぜひご覧ください。

Glass back design corroborated by latest iPhone 7s, 7s Plus and iPhone 8 dummy units | 9to5Mac

金属製のiPhone 7とは異なり、iPhone 7sの背面にはガラス製パネルが搭載されるようです。先日ご紹介したiPhone 7s Plusと同様、ワイヤレス充電に対応する可能性が考えられます。

iPhone 7sのデザインに、iPhone 7と大きく異なる点はほかに見られません。9to5Macによれば、サイズもiPhone 7と同じです。もしiSightカメラ・ボタンの位置や大きさも同じなら、iPhone 7のケースが流用できるかもしれません。

しかしiPhone 7sには、画面の上に搭載されるセンサーなどの位置が微妙に異なるとか、本体のサイズが若干大きくなるという見方もあります。

参考

Glass back design corroborated by latest iPhone 7s, 7s Plus and iPhone 8 dummy units | 9to5Mac