フュチュールジムでトレーニング中の池山さん。サンドバッグの真芯をとらえる重い打撃音が響く

写真拡大

30歳をすぎてボクシングを始め、44歳7カ月で男女を通じ国内最年長となる世界王座を獲得した女性プロボクサーの池山直さん。池山さんは2017年7月11日、東京・後楽園ホールで行われたWBO女子世界アトム級タイトルマッチ10回戦で、47歳にして6度目のタイトル防衛を果たしました。本業は岡山市役所の職員で、ファイトマネーは一切なし。年齢制限のためタイトルを失えば即引退。そんな状況で、なぜ池山さんは戦いつづけるのか。彼女の原点を追いました。

※本稿は、住友建機広報誌『POWER』132号(2017年冬号)「Power Talk いま第一線で輝いている人 パワーの源泉」からの転載です。

■身長152cm、国内最年長の世界王者

「キュ、キュ」とマットが鳴く。黒いウェアの女子ボクサーと、赤いウェアを着た少年ボクサーが、対戦している。

いずれも素早い身のこなしで、「シュ、シュ」と吐く息と同時にパンチを繰り出し、それが、互いのボディやヘッドギアをした顔面にヒットするたび、パン、パン、と乾いた音を響かせる。

2016年11月12日午後4時過ぎ、秋の気配が深まる京都市。中京区烏丸通にある「futur」ボクシングジムのリングで、スパーリングがおこなわれていた。

壁にかけられたデジタル時計がアラームでラウンドの終了を報せ、小休止。1分後、再開の合図で打ち合う。それが何回か繰り返された。

しろうとの私にはどちらが優勢か判断がつかなかったが、いずれ劣らず、スピードもパワーも互角に思えた。が、スパーリングを終えたとき、少年の目には悔し涙が浮かんでいた。

「まだ15歳なんですよ。彼はいずれ世界を狙える。逸材です」

平山靖会長が教えてくれた。

■「女子アトム級」とは?

女子ボクサーのリングネームは、池山直。47歳。少年ボクサーとの年齢差は、なんと32歳。だが、それをまったく感じさせない俊敏性と、力強さ。驚かされ、ぶしつけながら、それを伝えると、

「いえ、私なんか……、彼のほうが速いです。彼は天才です」

そんな池山さんは、WBO(世界ボクシング機構)女子アトム級世界チャンピオンである。

ちなみにアトム級とは、女子プロボクシングにかぎり設けられた階級で、体重102ポンド(46.266kg)以下の規定となっている。

池山さんは現役最年長女子プロボクサーでもある。

わが国における女子プロボクシングの歴史は浅く、池山さんのボクシング歴は、そのまま日本女子プロボクシングの歴史をたどることにつながる。

■ボクシングに恋して、のめり込む

2001年5月、池山さんは岡山市内に開設された「フジワラ・ボクシングジム」に入会した。

「その半年前からずっと見学はしていましたが、右膝を捻挫していて、運動できなかったので」

その原因は、スノーボードで滑降中の転倒によるものとか。そんな彼女の左腕をふと見やると縫合痕があり、「こっちはバイクでコケたときの傷です」と、苦笑い。どうやらスピード系のスポーツに魅かれるタイプらしい。

「ボクシングジムって、どんなことをやるんだろう、何か面白そう、という好奇心で入会しました」

すると、いきなりグローブの装着方法を教わり、会長が両手にミットをはめ、リングに上がって、「『ワンツー(パンチ)はこうやって打つんだ』と教えてもらって、ミット打ちをやりました」。

構えるミットめがけてパンチを当てれば、パァン、と乾いた音とともにミットが弾かれる。

「すごく気持ちがよかった。これまで味わったことのない快感でしたね。それが魅力で、毎日、通いました」

ジムでのトレーニングメニューは、ストレッチ、なわとび、シャドーボクシング、サンドバッグ打ち、ミット打ち、整理体操。まだ一般会員の池山さんには減量もなければ、ロードワークもなかった。

「ミット打ちの次にマス・ボクシングを始めました」

マス・ボクシングとは、空手における「寸止め」のことで、パンチを当てないように、リングでおこなう“演習”のこと。

そうこうするうち、同じジムに女子プロボクサーがいると知って、「単純に対人練習の延長で実戦もやってみたい、と思って挑戦したんです」。

■下北沢に行けば、プロになれる

東京・下北沢にある山木ジムへ行けば、プロになれる、と聞いて池山さんは上京する。この山木ジムは日本女子ボクシング協会(JWBC)を主管していた。

ちなみに男子の場合、JBC(日本ボクシングコミッション)が、プロボクサーの認定から、ルールなどを主管し、JPBA(日本プロボクシング協会)が興業面での統括をしている。

ところが、当時、女子プロボクシングはまだ競技人口が少ないうえ、興業としても成立が難しく、統括する団体もJWBCくらいしかなかったという。

「プロ試験といっても、筆記試験はなくて、同じ階級の選手と何ラウンドかスパーして『じゃ、キミ合格』って感じでした」

しばらくして、JWBCからライセンスが発行された。晴れて池山さんは「女子ミニフライ級」(47.627kg)プロボクサーに認定されたのである。

「私は、自分の実力がどのくらいなのか、どれだけやれるのか、知りたかった。そのために、試合したい、という一心でした」

ほどなくデビュー戦が決まった。2003年11月30日、場所は「ヴェルファーレ」(07年閉鎖)。東京・六本木の「ディスコ」で知られたイベント会場だ。

対戦相手は、上村里子選手。4回判定(3対0)で、池山さんは初戦を白星発進。

「すごく緊張しました。頭の中が真っ白になって、何をしたか、まったく覚えていません。判定の結果さえ、記憶にないです」

当時の藤原会長からは、「おまえは器用なボクシングなんてできないんだから、手数でいくしかない」と、がむしゃらにパンチを繰り出すファイター・スタイルを叩きこまれた。それは初戦から現在まで一貫しているという。

■楽しい、好きだからやっているだけ

池山さんは1969年、京都市に生まれた。北野天満宮(上京区)の近所に住んでいて、「天神さんの牛の像に乗って遊んでいる写真が残っています」。

6歳のとき、父の故郷である岡山へ転居。家族は父と、母と弟が2人。岡山市内にある小・中学校を経て、県内でも有数の進学校へ。「数学とか理系が苦手で、高校時代は楽しくなかったですね」。

クラブ活動を選ぶにあたって、同級生の女子に柔道選手がいると聞き、「まだ女子柔道はメジャーではなくて、知りませんでした。それで好奇心から入部しました」。

在籍中に池山さんは昇段試験を受け、初段となる。黒帯を締めて、岡山県大会へ。女子52kg級で3位に入賞した。そのころも現在も、池山さんの身長は152cmと小柄である。

「これで格闘技に目覚めた、というわけではありません(笑)」

同級生のほとんどが大学へ進むなか、池山さんは岡山市役所へ就職。

「勉強は好きではありませんでしたから」といいつつも、岡山大学の法学部夜間主コースへ入学。役所の公務を終えたあとは、大学へ通う毎日を送った。通勤、通学は、バイクを使う行動派であった。

「そのうち、定時で終わる部署に配属され、夕方5時以降、やることがなくて。そんなとき、フジワラ・ジムができたんです」

■ファイトマネーはもらっていない

ボクシングと出合ってから、勤務時間以外はボクシングに恋して、のめり込んでしまった。「もともと、結婚願望はなくて、ずっと独身です(笑)」。プロボクサーとなった現在も、本業は岡山市役所の職員である。

ところで、公務員は副業禁止が原則である。プロボクサーともなればファイトマネーという収入が生じるはずだが。

「はい。デビュー戦以降、現在まで、ファイトマネーはもらっていません。それは市役所からも諒解を得ています」

ボクサーといえば、拳ひとつで一攫千金も夢ではない職業。ところが、彼女にはそんな金銭欲などまったくない。

岡山市役所では、2014年10月、池山さんのWBO女子王座獲得と防衛を称え、岡山市人見絹枝スポーツ顕彰「岡山市民スポーツ栄誉賞」(※1)を贈呈した。京都府も、同年11月、京都府スポーツ特別奨励賞を山田府知事が贈呈する。「なんか、いろいろいただきましたけど……」と、名誉欲のほうも、さらさらない。

「好きでやっているだけです」

ボクシングが生き甲斐ということか。

■1ラウンド2分間、山場をつくり楽しませる

プロデビュー以降、5戦目、06年4月に開催されたJWBC日本ミニフライ級王座戦で勝利。池山さんは日本チャンピオンとなる。

07年11月、WIBA(女子国際ボクシング協会)世界ミニマム級王座戦を制し、世界チャンピオンに。これは岡山市郊外にある県卸センターのオレンジホールで開催された。

「それまで、ボクシングをすることに反対していた母が初めて観戦に来て、みんなが応援してくれているのを知り、ようやく認めてくれました」

もっとも父親は、「入院生活が長く、家にいなかったので、私がボクシングをしていることは、知らなかったと思います」。

この年、女子プロボクシング界に変革の波が押し寄せる。JBCとJPBAが女子プロボクシングのライセンス発行からルールの統一、興業などの管理に乗り出し、JWBCもその傘下に入ることに合意したのである。

■世界王者には年齢制限を設けないという特例

2008年、池山さんは新規にJBCのライセンスを取得。すでに38歳だった池山さんの場合、JBCの規定では、年齢制限(37歳引退)に抵触するが、世界王者には年齢制限を設けないという特例によって、現役を続行できることになった。

JPBAは、JBCのクラブオーナーライセンスを取得したジム(通称プロジム)以外のジムによる世界戦を認めていない。フジワラ・ジムはプロジムではなかった。そこで、池山さんは香川県の「中外ボクシングジム」へ移籍。その後、西日本ボクシング協会の預かり選手となり、2010年、父が他界したのを機に、一度は現役引退も考えた。だが、「試合をしたいという気持ちは抑えられませんでした」。

3年のブランクを経て、2013年、現在の「futur」に移り、44歳で戦線に復帰した。

「週末は、高速バスと阪急電車を乗り継いで、岡山から京都に通っています。好きなことをやっているので、苦にはなりません」

2014年5月、池山さんは初代WBO女子世界アトム級王座を奪取。以降、今回11月の取材まで4回の防衛を重ねてきた。「女フォアマン」(※2)の異名で知られるように、その強さの秘訣は、圧倒的な手数とスタミナにある。

■JBCは「負けたら引退」と勧告

「女子は1ラウンドが2分間しかありません。スピーディーにやらなくては、すぐ時間が経過してしまうので」

そのなかで山場をつくり、観客へのアピールも欠かせない。

「女子ボクサーはガチで、がんがん打ち合う。そこが面白いというファンの声もあります」

一発、いいパンチをもらうとカッとエキサイトすることも?

「私はないです。むしろ、今ので点をとられた、と焦ります」

若手に負けたくない、という意識は、「リングに上がれば、条件は同じ。年齢は関係ないです。考えたこともありません」。

いわゆる必殺技の類を身につける練習はしているのだろうか。

「トレーナーから、これがいいんじゃない、と薦められ、ガゼル・パンチを磨いています」

オールドファンにはお馴染みの元世界ヘビー級王者、フロイド・パターソンのあみ出したパンチだ。

「JBCから負けたら引退、と勧告されています。たとえ敗れても、ボクシングは続けます」

金や名誉には眼もくれず、ひたすら好きな道を「勇猛邁進」(池山さん造語)。これまでにないボクサーの生き方は、まさに「レジェンド」に値する。

2016年12月13日に東京・後楽園ホールで行われる5度目の防衛戦にむけて、

「今度の相手はWBA前チャンピオン。王座統一戦にも出場されている方なので、いまも世界チャンピオンだと思っています。こちらも統一戦の挑戦者のつもりで、とくに気合いを入れてがんばります」

と微笑んで、リングに戻った。

※1:岡山市出身で日本人女性初のオリンピック陸上競技メダリストとなった故・人見絹枝選手の名を冠する市民スポーツ顕彰。池山さんの受賞は、犠打の世界記録を更新した元読売ジャイアンツの川相昌弘選手に次いで2人目。

※2:46歳8カ月で4度目の防衛に成功し、男女合わせて国内最年長防衛記録を更新した池山さん。目標に掲げた元世界ヘビー級王者ジョージ・フォアマン選手がもつ年長記録、46歳3カ月を上回る「フォアマン超え」を果たす。

----------

池山 直(いけやま・なお)
1969年、京都府生まれ。県立岡山操山高校卒業後、岡山市役所に就職。健康維持のために始めたボクシングに魅せられ2003年プロライセンス取得、同年白星デビュー。06年日本ミニフライ級王座獲得、08年38歳で女子B級プロライセンス合格。14年、初代WBO女子世界アトム級王者。以降6度の防衛を果たし現在に至る。フュチュールジム所属。右ボクサーファイター型。JBC公認後のプロ戦績は、14戦10勝(2KO)2敗2分。移籍後8戦6勝2分(2017年7月現在)。

----------

(女子プロボクサー 池山 直 文=山本徹美 撮影=永井 浩 取材協力=フュチュールボクシングジム)