写真はイメージです

写真拡大

恋愛、結婚、離婚、再婚、婚活、浮気、不倫……。世は変われども、男と女のいさかいが尽きることはありません。行政書士で男女問題研究家の露木幸彦氏のもとには、日々、そんな泥沼状態から抜け出さんと多くの相談者がやってくる。その痛切なトラブルエピソードをシェアし、ぜひ他山の石、もしくは人の振りみてわが振り直していただきたい。

第1回目(前編・後編)のテーマは、「一線を越える」行為に対する男女の意識差。ちょっと背筋が寒くなる話です。

■婚活で出会った相手が豹変して「地獄の沙汰」

夏本番です。

まぶしい太陽に目を細めると、嫌でも男性の目に飛び込んでくるもの。それは、ノースリーブ、キャミソール、ミニスカートといった夏の装いの女性たち、という男性もいるでしょう。より魅力的に映る女性たちに引き寄せられるのは男性としてある意味健全であり自然なことかもしれません。

しかし、ちょっと待ってください。この時期、男女問題研究家で行政書士の私にさまざまな相談が寄せられるのですが、とりわけ男性の“立ち居振る舞い”が悲劇を招く案件が急増するのです。

危険な落とし穴はいたるところにあります。屋上のビアガーデン、河辺のバーベキュー、そして海辺の海の家……。今までは女性に声をかけて親密な関係を築くことも少なくなかったでしょう。しかし、近年は「一夜限りの関係」のリスクが急上昇しています。

ある夏、偶然出会った2人。会話を交わし深い関係になる。何の問題もないように見えても、日にちがたち冷静になって振り返ってみると、その出来事の意味は男性と女性とでは正反対ということはしばしば起きます。今回は、そんな一度限りの関わりをきっかけに始まった女性との交際を「悔いても悔い切れない」という相談者、都内在住のメーカー社員(営業)、伊藤竣太さん(仮名・34歳)のケースを紹介しましょう。

▼婚活パーティーで32歳・商社の派遣社員と意気投合

竣太さんは婚活パーティーで意気投合した彼女(32歳・商社の派遣社員)とハロウィーン・ディズニー、海岸ドライブ、そして夜景ディナーと3回のデートを重ね、順調に愛を育んでいるように思えたのです。

竣太さんは、シャイな性格で気持ちを表に出すのが苦手なタイプ。そのため、自分から「好きです。付き合おう」とアプローチし、それに対して彼女が「はい」とレスポンスする場面はなかったそうです。とはいえ、そもそも2人が知り合ったのは婚活パーティーで、交際前提の男女が集まってくるイベントなのだから、少なくとも竣太さんは「男女の仲」だと思い込んでいたそうです。

■34歳 年収500万 メーカー社員の男性が「落ちた穴」

ちょうど翌月は彼女の誕生日。竣太さんは彼女の了承を得た上で、当日はホテルで一緒に過ごそうとワンランク上の部屋を予約したのです。ホテルという密室に2人きりで入るのだから当然、「彼女もそのつもり(性交渉をするつもり)に違いない」と竣太さんは決め付けていたようです。

年収約500万円の会社員である竣太さんにとって1泊5万円の部屋はあきらかに身分不相応。ホテル代だけで財布の中身がカツカツゆえ、ディナーはケチって格安のイタリアンバルに。そこで飲んだ安物のワインがいけなかったのでしょうか。彼女はお酒が強いほうでしたが、当日は千鳥足状態。左右に揺れる彼女を支えながら、ゆっくりと歩みを進めることで何とかホテルに到着したそうです。彼女はいったん部屋のベッドに腰をかけたのですが、背もたれがないので、そのまま座り続けることはできず、すぐにバタンと寝転んでしまった。

竣太さんはそれほど酔っていませんでした。そばには静かに寝息をたて横たわる女性がいる。自然に胸が高鳴ります。もちろん初めての経験ではありませんが、緊張します。彼女の様子を気遣いながらも、ゆっくりと彼女の美しい髪の毛をなで、体に触れました。

ハグ、キス……と接触の度合いを大きくする際、竣太さんはその都度「いい?」「平気?」「大丈夫?」と投げかけて彼女の反応を確認することはしませんでした。ただし、彼女も露骨に抵抗しなかったので、OKしてくれているという前提で事を前に進めたのです。

▼蜜月関係が始まった途端、彼女が束縛を始めた

確かに性交渉の最中、彼女は「いやっ」などと反応することがありましたが、竣太さんの耳にはそれは極めて官能的なものに聞こえたのです。本当に「嫌」なら、こんな声色ではないはずだ、と。竣太さんはきちんと避妊具を使用しました。その後、彼女が起き上がる気配がなかったので、ホテル備え付けのパジャマを着せてあげたそうです。彼女と一緒に眠りについた竣太さんは、そのまま同じベッドの上で朝を迎えたのです。

このように竣太さんと彼女は最後の一線を越えて、心だけでなく体も結びつき、2人の関係はすべてが良い方向へ進んでいるかのように思えました。しかし、蜜月関係に突入した途端、彼女にある変化が起こりました。突然、まるで人が変わったかのように竣太さんを束縛し始めたのです。

■「私と仕事どっちが大事なの!」「これじゃ続かないよ。別れたいの?」

たとえば、竣太さんの仕事が忙しく、なかなか彼女を会う時間をとれずにいるとLINEでこんな文を送って詰め寄ってきました。

「私と仕事、どっちが大事なの!」

竣太さんの証言によれば、彼女は四六時中、LINEでたわいもない文を送ってきました。「さすがに仕事中の対応は難しいよ」。やれやれと思い、既読スルーにすると彼女は「こんなんじゃ続かないよ。別れたいの?」とケンカ腰の物言いで気を引こうとすることもあったそうです。

彼女はさらにエスカレートします。竣太さんの部屋からスマホを盗み出しておいて、慌てて探す竣太さんの様子を高みの見物。“狼狽ウオッチ”に飽きると「落ちていたよ」と平然とスマホを突き出してくる。そのとき、こんなセリフを言い放った彼女のドヤ顔を竣太さんは忘れられないと言います。「やっぱり私がいなきゃダメなんでしょ!」。

そんなふうに彼女の嫉妬、わがまま、いたずらに振り回され、竣太さんはだんだんとノイローゼ気味になったそうです。「もう無理! これ以上、我慢できない!!」と最終的には彼女のLINEはすべて「未読スルー」とすることで、正式に関係をやめることを決断したのです。

▼既読スルーされた彼女は復讐を始めた

ところが、そうは問屋がおろさなかった。

自分のメッセージがいつまでも既読に切り替わらない。彼女は直感的に「未読スルー(もしくはブロック)されている」と気付きました。相手の逃げ腰な態度にイライラが頂点に達し、即行動に出ました。

愛情は憎しみに変わったのです。彼女の復讐とは、何だったのでしょうか?

この答えを聞くと、世の男性は背筋が凍る思いをするに違いありません。「男女交際の有無」「性交渉の同意の有無」「ベッドイン拒否の有無」「接触・挿入への抵抗の有無」……。これらすべてについて彼女は自分流に解釈し、“身勝手”な持論を確立したのです。つまり、竣太さんをレイプ犯に仕立てる。そのシナリオを作り上げることを決意したわけです。

「あんたが本気だと信じていたから体を許したのよ。それなのに勝手にフェードアウトするなんて……サイアク。どうせ最初から体目当てだったんでしょ。私は付き合ってもない男に犯されたのよ」

■男のミスにつけこみ、レイプ犯に仕立てるシナリオ

LINEで憎悪の言葉が次々に飛んできました。

彼女は突然、竣太さんは「恋人」ではなく「他人」で、関係性は「本気」ではなく「遊び」だと言い出したのですが、何をたくらんでいるのでしょうか?

本来、恋人にせよ他人にせよ、性交渉の同意は必要です。とはいえベッドの上で毎回、同意を得ようとすれば、せっかくの甘い雰囲気は台無しでしょう。そのため、一般的には2人が恋人同士の場合、暗黙の了解(きちんとした同意は不要)で済ませることが多いはずです。彼女の論理に従えば、勝手にフェードアウトするような相手は恋人ではなく、そして恋人同士ではないのにOKをもらわずに性交渉に及んだらその行為はNGだ、と話をすり替えてきたのです。

「そもそも婚活パーティーで知り合ったので、『男女の仲』だと思い込んでいました」

困り顔で竣太さんは語ります。

私が竣太さんの言動に関してひとつ“致命的”なミスだったかもしれない、と伝えたのは「好きです。付き合おう」と切り出さなかったことです。そういうケースはあるでしょう。しかし、この2人の場合、彼女のほうが「交際していない」と翻意してきたら、あとで何を言われてもどうしようもなくなります。残念ながら、詰めが甘かったと言わざるを得ない。そして竣太さんの“悲劇”はさらに続きます。

彼女の復讐はまだ始まったばかりだったのです。

(行政書士、ファイナンシャルプランナー、男女問題研究家 露木 幸彦)