@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

新フォレスター スバルグローバルプラットフォームに

次世代型スバル・フォレスター。AUTOCARは、その開発車両のスパイショットを入手した。

スバルの技術者たちは、マツダCX-5やBMW X1のような、ベストセラーモデルになることを目指して開発を続けている。かつてはハイライドなエステートタイプであったが、今回の写真により、次世代型は現行車と同様にSUVスタイルを継続することが確認できた。


新型は、角ばったボディスタイリングの下に、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用。これが、リアルワールドの安全性とクラスリーダーに相応しいクオリティをもたらすという。

ハイブリッド仕様の可能性

欧州のSUV市場では、スバルのシェアは0.8%に過ぎない。この状況を打破するために、
・ねじり剛性70%向上(現行モデル比)
を達成し、オンロードのハンドリングとレスポンスを高めるという。なぜなら同社は、こうした性能が欧州のドライバーに受けると考えているからだ。


新型フォレスターにかんして何よりも重要な点は、このプラットフォームが電動化にも対応していることだ。つまり、ハイブリッド・ドライブトレイン採用の可能性が非常に高いのである。

・水平対向4気筒ユニット
・後輪駆動用のモーター

というパッケージが、当然ながら一番の候補である。

英国仕様は、改良型ディーゼルも

この2.0ℓボクサーエンジンは、新型スバルXVと共用することになろう。また、現行モデルで英国導入されているディーゼルユニットは、ライバルに立ち向かうために改良型になると考えられる。


新型スバル・フォレスターの欧州導入は、2019年になる見込みだ。