トークショーを前に語る岸恵子

写真拡大

 岸恵子(84)が9日、全国を回るトークショー「夢のあとさき」を東京・中野でスタートさせた。

 全盛期の映画界のエピソードに加え「イランの革命防衛隊に手錠をかけられたり、フルシチョフ時代のソ連も巡りました」。さらに「見過ごせばいいものにことごとく関わってきた人生。いつも好奇心に負けたんですね」と国際派としての経験も振り返った。11日に85歳になる。「若いといわれますけど、それは自分に対する見えとはったりから。普通のおばあさんのように優しくて、いい年の取り方はしていないんですよ」と笑わせた。トークショーは11月まで全国19カ所で開催。