これも男の仕事道具!専門店に聞くメンズハンカチの選び方

写真拡大

誰でも一枚は持っているハンカチ。サッと取り出した時に、シワのないきれいなハンカチだったり、色やデザインにこだわりのある一枚だったりすると、「コイツ、デキる奴だな」と相手から一目置かれる存在になるかも。

ということで、大人の男にふさわしいハンカチを求め、ハンカチ専門店へと取材に行ってきました。

■ハンカチの選び方の基本とは?

話を伺ったのは、メンズを中心にオリジナルのハンカチを揃えているハンカチの専門店、H TOKYOの間中伸也さん。ハンカチというと、“百貨店で売られていて、ブランドのロゴがドーンと入っているようなもの”が多いですが、もっと素材の良さや縫製のこだわり、形のきれいさなどの視点でハンカチを選べたらという思いから、男性をターゲットにした専門店をオープンしたとのこと。

男のハンカチ選びのプロから、デキるビジネスマンに相応しい、大人の男にぴったりのハンカチの選び方や、男の仕事道具としておすすめのハンカチなどを教えてもらいました。

▲H TOKY0オーナーの間中伸也さん

 

――ハンカチはどのようにして選んだらいいのでしょうか?

「仕事着に合わせて選ぶことが第一条件。ハンカチもひとつのコーディネートアイテムだと考え、スーツやジャケットスタイルで働いている人はシンプルなきれいめのハンカチ、ラフな服装の人はカジュアルな素材やデザインのハンカチと、ファッションに合ったものを選んでみてください」

とはいえ、普段はポケットの中に入っていて見えないものなので、ハズしアイテムとしてあえて派手な色や柄のものにするのもアリ。これを持っていると気分が上がるとか、やる気になるといった観点で、気に入ったデザインを選ぶのもOKだそうです。

「触り心地も重要ですね。直接肌に触れて手を拭いたりするものですから、自分が気持ちよいと感じる手触りのものを選ぶとよいですよ。振り返ってみて、そういえばこれ長く使っているなぁ、というハンカチって、触り心地がいいとか、使い勝手がいいといった理由が多いものですよ」

■手に馴染んでくる経年変化も楽しみな麻のハンカチ

――では、男の仕事道具としておすすめなハンカチをいくつか紹介していただけますか?

「一番のおすすめは、何といっても麻素材のハンカチですね。吸水性に優れており、乾きも早いので、ハンカチとして最適なんです。麻はファッションとしては春夏の素材ですが、ハンカチとしてなら季節を問わず使うことができます。使えば使うほど柔らかさと光沢感が増して、手に馴染んでくるのも魅力。経年変化で出てくる味を楽しむのも、ハンカチを長く大切に使うための大きな要素です」

▲風合いが涼しげな麻のハンカチ。右:2800円(税別)、左:2000円(税別)

▲片ヘム(イギリスヘム)という、押し返して飾りの糸が見える特徴的な縫い方。丈夫で長持ちする縫製方法であるだけでなく、個性的な縫い目がアクセントにもなっています

▲こちらは職人さんが一枚一枚端を手巻きして縫い上げた一品。ブルーとブラウンの縁取りがさりげなくオシャレ

■スーツとの相性がバツグンのシャツ地のハンカチ

「シャツと同じ生地で作られた、シャツ地のハンカチもおすすめです。スーツ着用の場合は、その日のシャツとハンカチの色や素材を合わせると統一感が出ますよ」

▲ストライプのシャツ地ハンカチ:1200円(税別)

▲裏は配色を変えて変化を。表とは違う表情になっています

「ストライプの中にイエローをアクセントに入れています。裏表にそれぞれデザインがあるダブルフェイスなので、裏が見えた時に粋な印象を与えられるかなと。白ベースなので爽やかさも増しますね」

――きちんと感を与えてくれそうな品のある雰囲気が、ここぞという時の印象アップにつながりそうな一枚ですね。もう少しカジュアルなスタイルに合わせるならどんなハンカチがいいですか?

「こちらはどうですか? オックスフォードシャツに使われるオックス生地のハンカチです。“耳のあるハンカチ”といって、生地の端に耳を残したデザインになっています。耳付きの生地は昔ながらの力織機で作られた証。柔らかな風合いで、どこか懐かしい味わいがあります。スーツスタイルはもちろん、カジュアルなファッションにも合うと思いますよ。肉厚のしっかりした生地なので、吸水性にも優れています」

▲耳のあるハンカチ:1200円(税別)

▲耳のトリコロールがアクセント

 

■オシャレアイテムとしてしても使えるハンカチ

続いては、少し変化球的なものを紹介してもらいました。着こなしのポイントとしてひと役買ってくれそうな、ハズしアイテムとしてもおすすめのハンカチ二枚と、汗をかくこの時季にベストな一枚です。

▲迷彩柄ハンカチ:1200円(税別)

「一見無地ですが、よく見ると迷彩柄が入っているというこだわりの一枚。同色の迷彩柄を加えたシャドーカモフラ柄なので、派手な印象はなくシックなムードに。ポケットから取り出した時に目を引きそうなデザインです」

▲飛行機柄ハンカチ:1800円(税別)

「だまし絵の手法を使ったプリント柄で、飛行機のシルエットが隠れている遊び心のあるもの。空をイメージした爽やかな白とブルーの配色なので、働くシーンでも違和感なく馴染みます。乗り物が好きな人や出張が多い人にもぴったり」

▲ダブルガーゼハンカチ:1200円(税別)

「外回りが多く汗をかく人や、普段タオルを持ち歩いているような人にはこのハンカチがおすすめ。ガーゼ地で吸水性が抜群なうえに、2枚重ねた作りなのでタオルと同じくらい機能的です」

▲ダブルガーゼのため普通のハンカチよりも厚みがあり、ふんわりとした触り心地。でも、タオルほどはかさばらないので、ポケットにも入れられます

▲表と裏でデザインが異なるダブルフェイス。機能性だけでなくデザインも◎

 

■使い方によっては便利な小さいハンカチ

最後に、粋なハンカチの使い方を教えてもらいました。

▲子供向けブランド・GOODBOY HANDKERCHIEFのハンカチ:各800円(税別)

「こちらは子供用のハンカチ。男性の場合、お尻のポケットにハンカチを入れる人が多いと思いますが、最近はパンツの前ポケットに入れる人も増えているようです。そんな人にはこうした小さめサイズのハンカチもおすすめです。前ポケットでも出し入れがしやすいですよ」

子供用ハンカチというと、キャラクターものがほとんどですが、このハンカチはサイズ以外はメンズハンカチと同じように作られています。だから、大人の男性も違和感なく持つことができるのです。

「ポケットチーフ代わりに使うのもおしゃれですよ」

▲胸元からちらりと見えるチーフが着こなしを格上げしてくれます

ハンカチは普段見せるものでも見えるものでもありませんが、ふと出した時のハンカチって意外と人の目に留まるもの。だからこそ、素敵だったり、こだわったものだったりすると、周囲の人の印象に残ったり、見る目がちょっと変わったりします。値段もリーズナブルだし、他のファッションアイテムよりも気軽にトライしやすいはず。ぜひ、仕事道具のひとつとして、自分を格上げするアイテムとして、こだわりの一枚を選んでみてください!


>> H TOKYO 三宿店

 

(取材・文/坂田圭永)