ジョンソン、マスターズ前の無敵モードに近づきつつある?(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全米プロゴルフ選手権 事前情報◇8日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>
今季のメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」が10日(木)に開幕を迎える。この日の公式会見には世界ランクNO.1のダスティン・ジョンソン(米国)が登場した。
超飛ばし屋!DJは唯一無二の“超”個性派スイング

今シーズンは2月の「ジェネシス・オープン」、3月の「WGC-メキシコ選手権」、同じく3月の「WGC-デル・マッチプレー」で勝利。前半戦は無類の強さを誇ったが、4月の「マスターズ」の開幕前に階段から転落。不運な事故で左腰を強打し、試合に出ることはできなかった。そこから少し調子を落としていたが「マスターズ前の調子に戻りつつある」感触があるという。
先週は17位タイだったが、「素晴らしい週末だった。スイングに少し問題はあったが、上手くいったと感じられた」と復調を確信。体調も万全で「スイングも体調もいい。今週はいい週になると期待している」と話した。
先週の日曜日にビッグスコア“61”を出して優勝した松山英樹について「ヒデキはすごい選手。ジョーダン(スピース)も素晴らしい選手だ」。自分を追いかける世界ランク2位、3位の選手を賞賛していたジョンソン。自身の調子も良く、勢いのある選手を迎え撃つ体制が整いつつあり「今週はエキサイトしている」と開幕を心待ちにしていた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

夜通し治療も回復せず 無念のDJ「他のどんな試合より楽しみにしていた」
全米プロが19年から5月開催に、タイガーやマキロイは変更を歓迎
クエール・ホロウクラブのホール詳細を全米プロの特集ページでチェック
【PGAツアー動画】谷原秀人が世界ランク1位のDJについて語る
【松山英樹のドライバースイング】フェースを長くスクエアに保つ技術は世界一