ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner) photo : AFLO

アメリカでは一般的にレストランやバーでチップを払うのがルール。モデルのケンダル・ジェンナーがチップを払わなかったと非難されるという事件が発生! ケンダルがこれに反論している。

発端はニューヨークのブルックリンにあるバーのバーテンダーがインスタグラムにアップした1枚の画像。そこには24ドルと書かれたクレジットカードの明細が。「ケンダル・ジェンナー」と書かれた線の上にサインがされているけれど「チップ」の欄は空欄! クレジットカードで会計するときには客がチップの額をここに書き加えて飲食代にプラス、お会計総額が決まるというのが欧米でのお約束。つまりケンダルはこの日チップを払わなかったというわけ。

バーテンダーは「チップをあげるのを忘れないで」とコメント。スマイルマークは付けていたものの、全世界に晒しているということからもムッときているのは明らか。SNSでもプライバシーの問題を指摘する人がいる一方で「ケチすぎる」「あんなに稼いでいるのに」という批判の声が上がっていた。

でもこれにケンダルが反論! あるファンの「これには事情があるはず。カーダシアン一家だからって彼女をすぐに判断しすぎよ」というツイートをリツイート。「まったく……次からは現金でチップを払わないことにする」と投稿した。

チップだけは現金で置いてきたのに、ケチ扱いされてしまうなんて散々……。ファンのコメント通り、みんなカーダシアン一家だからって早合点しすぎ!

text : Yoko Nagasaka