初戦のシングルス2回戦でモンフィスに逆転負けした錦織圭=9日、カナダ・モントリオール(AFP=時事)

写真拡大

 【モントリオール(カナダ)時事】男子テニスのマスターズ大会、ロジャーズ・カップは9日、カナダのモントリオールで行われ、世界ランキング9位で第5シードの錦織圭(日清食品)は初戦のシングルス2回戦で世界22位のガエル・モンフィス(フランス)に7−6、5−7、6−7で逆転負けした。錦織がモンフィスに敗れたのは4度目の対戦で初めて。

 錦織は第1セットを苦しみながらも先取。第2セットは5−2とリードしてから、5ゲームを連取されて落とした。最終セットは先に相手のサービスゲームを破りながらブレークバックを許し、タイブレークは6−2とマッチポイントを握ってから驚異的な粘りを発揮した相手に6ポイントを立て続けに奪われて競り負けた。