土曜ドラマスペシャル「1942年のプレイボール」の完成披露会見に出席した勝地涼と忽那汐里=東京・渋谷

写真拡大 (全3枚)

 俳優、勝地涼(30)が9日、東京・渋谷のNHKで行われたドラマスペシャル「1942年のプレイボール」(12日放送、後7・30)の完成試写会に、ヒロインの忽那汐里(24)と出席した。

 野球を通して絆を強める4人兄弟の物語。勝地は人望の厚い長男を熱演。撮影前に泊まり込みの野球合宿を行った際、主演で次男役の太賀(24)ら共演者と相部屋だったそうで、「10代のころから仕事をしていると相部屋とかもあるけど、“マジかよ”って思いはありました、正直。俺、30なんだけど、と思いながら」と笑いを誘った。