「とくダネ!」を卒業する菊川怜。10日の放送で視聴者にどんな言葉で伝えるのか

写真拡大

 女優、菊川怜(39)が9月29日でキャスターを務めるフジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月〜金曜前8・0)を卒業することが9日、同局から発表された。2012年7月から5年3カ月で番組を巣立つ菊川は、今年4月に結婚。公私ともに“節目”を迎え、「(番組に)感謝の気持ちでいっぱいです」とコメント。10日の生放送で視聴者に報告する。

 明るく飾らない人柄と東大卒ならではの頭脳明晰なトーク力。メインキャスターの小倉智昭(70)を支え、フジテレビの梅津弥英子アナウンサー(39)とともに3人キャスター体制を支えてきた菊川が「とくダネ!」を去ることが決まった。

 同局によると、菊川は5年3カ月の出演期間を終える9月29日放送回を最後に卒業するという。この日、コメントを発表した菊川は「30代を振り返ると『とくダネ!』が私の基盤にありました。応援していただいた視聴者の皆様、小倉さんをはじめとする番組関係者の皆様に支えていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と感慨深げに心境を吐露した。

 続けて「卒業は寂しくもありますが、一つの区切りとして新たなスタートラインに立つ気持ちで、今後いろんなことにチャレンジしていきたい」とコメント。本業の女優活動のほか、キャスター期間中にやりたくてもできなかったことに挑戦するようだ。

 今年4月には、ITサービス業「クックパッド」の元社長で結婚情報サービス業「みんなのウエディング」の会長を務める実業家で投資家、穐田誉輝(あきた・よしてる)氏(48)と結婚。関係者によると、今回の卒業は同局が菊川の意向を最大限に尊重して決定。別の関係者は、菊川が周囲に「家族の時間を作りたい」と話しており、子作りにも前向きだという。

 10日放送の「とくダネ!」で視聴者に生報告。菊川の発言に注目が集まる。

菊川 怜(きくかわ・れい)

 1978(昭和53)年2月28日生まれ、39歳。埼玉県出身。東大工学部建築学科卒業。大学在学中にスカウトされ、98年にファッション誌「Ray」の専属モデルに。同年9月に「99年 東レ水着キャンペーンガール」に選ばれた。99年にフジ系連ドラ「危険な関係」で女優デビュー。2002年10月から7年間、日本テレビ系「真相報道 バンキシャ!」のキャスターを担当。4月27日に元IT企業社長で投資家、穐田誉輝氏(48)と結婚した。1メートル66。