男性5人組、A.B.C−Zが9日、5周年ツアーの横浜アリーナ公演を行った。

 5人はジャニーズJr.時代に同所でKinKi KidsやV6らジャニーズ事務所の先輩のバックダンサーを務めてきたが、自身としては初の横アリ公演。念願が叶った塚田僚一(30)は「先輩を見ていいなと思っていたので、感慨深い」。河合郁人(29)は「10周年までには、東京ドームで公演できるようにステップアップしていければ」と次なる目標をぶち上げた。

 ライブでは新アルバム「5Performer−Z」の収録曲「テレパシーOne! Two!」などを歌唱。トランポリンを使った演出などグループ持ち味のアクロバットでも観客1万5000人を魅了した。