ようやく完全に梅雨が明けたと思ったらどうも天候が怪しげで梅雨が舞い戻ってきたような、けれど気候としてはこれぐらいがちょうどよいのかもなという日々が続いている今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、スクウェア・エニックスの新作「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(3DS)がついた。「ドラクエ」シリーズの正式なナンバリングタイトルで、前作の「X」とは異なり一人プレイ専用のゲームとなる。プレイヤーは「勇者」の生まれ変わりとして様々な場所を旅することになるが、その冒険は必ずしも勇者をイメージした楽しい、歓待されるものでは無かった……という、色々と思わせる内容。戦闘も非リアルタイム方式のコマンド入力スタイル。30周年記念的な作品でもあることから、タイトルなどにもあるように、原点回帰の意味合いが強い。過去作の「ふっかつのじゅもん」を使うことも可能。初週感想はおおむね堅調。王道的な作品として納得する人が多い。なお第二位には同一策のPS4版がついており、合わせて初週セールスは200万本を超える形となっている。
第三位は任天堂の新作「スプラトゥーン2」(Nintendo Switch)。多人数同時参加によるプレーも可能なアクションペイントゲーム「スプラトゥーン」の続編で、シンプルなルールながらも多様な遊び方が楽しめる。今作では協力プレイの「サーモンラン」、一人でじっくりとプレイする「ヒーローモード」なども実装されている。第二週に突入したが、セールスは単週で10万本超えと大体堅調。オンラインプレイにおけるバランス調整やマッチングへの不評の声がかなり見受けられる。多人数同時参加型のオンラインゲームの宿命でもあり、色々と考えさせられる。

第四位はレベルファイブの新作「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」(3DS)。推理モノアドベンチャーシリーズ「レイトン」シリーズの最新作で、システムそのものはほぼこれまでのシリーズを踏襲しているが、今作では大きな謎を解き明かすスタイルから、小さな謎を一つ一つ解き明かすストーリーにシフトしている。プレイヤーはレイトン探偵社のカトリーの立場から、日常的で小さな怪事件を一つ一つ解き明かしていくことになる。発売から第二週に突入したが、やはりシステムはともかく、ストーリーや演出への評価が今一つ二つ三つ。

今回計測週は「ドラクエXI」がぶっちぎり。久々のホームランタイトルとなった。次週以降どこまでセールスを積み増しするかが楽しみだ。