CL決勝のアメリカ開催、UEFAが否定?一体どうなる

写真拡大

世界一の視聴者数を誇るとも言われるUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦。

欧州を舞台に行われているが、近いうちにヨーロッパ以外の会場で場所で開催になるのではないかという噂もあった。

近年の欧州サッカー界においてはアメリカを含む北米地域が大きな市場となっており、夏にはビッグクラブ同士がプレシーズンマッチを行い、多額の興行収入を得ている。

そうした流れもあり、UEFAのチェフェリン会長は以前、CL決勝のアメリカ開催について以下のように答えていた。

アレクサンダー・チェフェリン(UEFA会長)

「例えば、ポルトガルからアゼルバイジャンに行くことは、ここからニューヨークへ行くのとほとんど同じようなものだ。

ファンにとってそれは問題ではない。

しかし、見てみようじゃないか。これはヨーロッパの大会であり、考えてみよう」

しかし、英国『The Sun』の取材によればUEFAはこの噂について否定したとのこと。

「2019-20シーズンの決勝がニューヨークで行われる」という具体的な話もあったのだが、すぐに欧州以外の場所で開催になるようなことはないようだ。

なお、2017-18シーズンの決勝はキエフ(ウクライナ)にあるNSCオリンピスキで開催予定。また、2018-19シーズンの決勝はマドリード(スペイン)のワンダ・メトロポリターノ、バクー(アゼルバイジャン)の国立競技場が会場として候補になっている。