「美人百花」に登場した田中みな実(撮影/曽根将樹)(画像提供:角川春樹事務所)

写真拡大

【田中みな実/モデルプレス=8月10日】フリーアナウンサーの田中みな実が、10日発売の雑誌『美人百花』9月号に登場。ランジェリー姿で美ボディを披露している。

【さらに写真を見る】田中みな実、メリハリのついたボディに憧れる!美ボディがまぶしいショット

◆“ほどよく筋肉、うっすら脂肪”が理想


同号では「田中みな実のモテるカラダ」と題し、田中のメリハリのついた女性らしいボディを特集。

理想は“ほどよく筋肉、うっすら脂肪”だといい、例えばウエストはくびれだけでなく脂肪も残し「触りたい」と思わせるふっくら感を重視。「男の子が引き寄せたくなる体は、バキバキの腹筋よりも、キュッとしまったウエストとやわらかそうな腰まわりだと思う。筋トレは腹斜筋がうっすら出るくらいにとどめて、カービーで柔軟なウエストを守り続けたい」と持論を展開している。

◆こだわりボディの秘訣は


30歳になり、お尻のたるみに気づいたことをきっかけに週に2回90分間パーソナルトレーニングに通い始めたという田中。3ヵ月経ち、現在身長153cmに対して体重は38〜39kg、目標体脂肪の16〜17%をキープ。ただ鍛えるだけではなく、パーツによっては筋トレで引き締めたり、逆に脂肪を残したり…と、1つずつコンプレックスを解消していったという。

そのほか、誌面インタビューでは「局アナ時代はサラシを巻いて仕事をすることもあったくらい」と大きいことがコンプレックスだったという胸へのケアや、自宅でのボディケア方法、美肌作りのための食事、愛用アイテムについてたっぷりと語り、みずみずしいボディの秘訣に迫っている。(modelpress編集部)

情報提供:「美人百花」(角川春樹事務所)

【Not Sponsored 記事】