新CM「時を超える声」編より

写真拡大

 auの三太郎シリーズ新CM「時を超える声」編の内容が公開され、菅田将暉が鬼ちゃん姿の全力熱唱を初披露していることが明らかになった。三太郎キャラクターの熱唱といえば、「三太郎音頭」「海の声」を歌ってきた桐谷健太ふんする浦島太郎だったが、そこに鬼ちゃんも新たに加わった。

 日本代表チームを応援する事を目的とした「au BLUE CHALLENGE」シリーズの新CMとなる今作。菅田が歌っているのは、以前同シリーズの「応援」編でも流れた彼の楽曲「見たこともない景色」。だが鬼ちゃん姿で歌唱するのはこれが初。CMでは、「どうしてそんなに走れるの」と歌を口ずさむ鬼ちゃんとサッカー少年たちの出会い、そして一心不乱にボールを追う子供たちを応援するかのように大きくなる鬼ちゃんの歌声などが映し出される。

 菅田は本映像の撮影中、ボールを蹴るシーンで蹴った後に「どうでした?(笑)」とスタッフに感想を求めながら決めポーズを披露したり、撮影の合間にボールで遊んだりと少年のような顔を見せる一幕も。またサッカースタジアムでの撮影では、誰もいないスタジアムのセンターで“金棒”を使って競技が違う野球のスイングを披露するなど、お茶目な一面ものぞかせていた。新CM「時を超える声」編は8月12日よりテレビ放映される。(編集部・井本早紀)