世界に一つのマスターピース!バラフライウォッチの輝きとは

写真拡大 (全6枚)

精密機器である腕時計の中に、本物の蝶の羽を閉じ込める――

そんな常識を超える挑戦により、唯一無二の美しさを手に入れたアーティアのバタフライシリーズ。使用されているのはすべて本物の蝶の羽のため、同じデザインのものは存在せず、その一本一本が世界で唯一のユニークピース。

この度、新たに国内入荷された新作より、世界でもっとも美しいと言われる“モルフォ蝶”の羽を使った作品をご紹介します。

アマゾンなど主に中南米に生息するモルフォ蝶は、そのブルーに輝く羽で世界一美しいと称されています。その輝きには秘密があり、青く見えているのは、実は色素ではなく、独特な鱗粉の構造により、光の干渉が起きているため。青の波長の光のみを反射するので青色に見え、角度などによっても微妙に表情が変わります。この構造色と呼ばれる現象による発色のため、色素とは違い100年経っても色褪せることがないそう。

そんな世界一美しい“神の創造物”を、アーティアのイヴァン・アルパ氏が、関連当局の認可と厳格な管理の下で、特殊な技法を用いて文字盤に閉じ込めました。

▼「Butterfly Set 1」

「Butterfly Set 1」は、昨年のジュネーブ時計グランプリにノミネートされたモデル。42mm SSケースに147個のダイヤをあしらい、文字盤には金箔も。

▼「Morphos 7 Full Set」

「Morphos 7 Full Set」は、38mm SSケースのレディースウォッチ。ケースには224個ものハイグレードダイヤモンドが輝き、モルフォ蝶の鱗粉と共演。ストラップはナイルパーチという魚の革を使用しています。

▼「Farfalla」

「Farfalla」はシンプルなデザインで、モルフォ蝶の羽の存在感を際立たせたモデル。42mm SSケース。

▼「Dancing Butterfly 0051」

「Dancing Butterfly 0051」は、荒々しい彫金加工の38mmケースにサテンストラップという、意外性のある組み合わせにより斬新な一本に。

いずれのモデルも世界限定1本となっています。

>> Arty-A

 

(文/&GP編集部)